FC2ブログ
名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
弱キャラ友崎くん 名言集
2020年07月26日 (日) | 編集 |
弱キャラ友崎くん 名言

「あのね、別に嘘をつけって言ってるわけじゃないのよ? もしかしたら恋人に発展する可能性もありそう、ってくらいの女友達を何人もつくっておくことが、余裕につながるってだけ」

「ああもううるさいわね。そうやって『誠実』とか『一途』とかそんな中身がない外っつらがきれいなだけの言葉を宗教みたいに妄信してね、本当に生産的な行動から焦点がズレたりしてるような体らくだから、日本は国際的な意思決定で他国に遅れを取るのよ」


(日南葵)
















「ああもう、でもでもうるさいわね! いい? 『でも』って言葉はね、逃げる言い訳のために使うべき言葉じゃなくて、妥協している状況をより良い方向へと修正するために使うべき言葉なのよ。私が本当のこと以外を言ったことがある? いいから黙ってやりなさい」

(日南葵)












「『人生』は、戦闘に勝ったときじゃなくてね、負けたときにこそ、経験値が入るのよ」

(日南葵)










「ひょっとしてこのまま結婚するかもしれないとでも思ってないでしょうね?」

「まあその可能性もなくはないでしょうけど、そんなものに期待して気を使い続けるほうがむしろ滑稽。ロマンチックという名の宗教に毒された理想主義者でしかないわ。くだらない」

「彼氏持ちの女の子を狙っちゃいけないなんていう決まりはないわ。むしろ大ありよ。結婚しているわけでもないんだし、そこで略奪愛になったのだとしても、それは恋愛という平等なルールの上で男としての魅力を競い合い、そのゲームに買ったというだけの話。恨まれるようなことじゃないし、お互いを高め合うという意味では長い眼で見れば素晴らしいことであるとも言えるわ」


(日南葵)

















「そりゃそうでしょ。若さと美しさを担保にした価値は、どうしてもいずれ目減りしてくる。それを利用してお金のある男と結婚して、その相手にぶら下がりながら一生を終えるつもりならそこに力を割く価値はあるんでしょうけど、私は自分の内から生み出した能力で勝っていきたいの。ならそこでやるべきことは、すでにある若さという価値を利用しての早期ゴールイン・ショートカット戦略ではなく、今後も内なる財産として残っていく自分自身の能力をひたすらに上げていくことだわ」


(日南葵)










「今すぐ辞めたいくらい辛いけど、たぶん、ここでやめたらもっとつらい」


(七海みなみ)

















「うん。……かわいい!!」

「私はなんでこんなにかわいい子を見逃していたのでしょうか! これは私のストライクど真ん中! たまに次ぐ逸材!! ようこそ七海ワールドへ!!」



(七海みなみ)













みなみ
「私さ。たぶんまだ、友崎のこと好きなんだよね」

風香
「......はい」

みなみ
「まだ友崎のこと、あきらめたわけじゃない」

風香
「はい。......そうだと思います」

みなみ
「よくないことをする気はないけど、自分の気持ちに素直に行動したいって思ってる」

「それでも、いいかな」

風香
「私は......好きって気持ちに不正解なんて、ないと思ってて」

みなみ
「不正解?」

風香
「強い人に憧れて好きになることもあれば、弱い人を助けるっていう役割に依存して、 きになることもあると思います。追いかけてくる誰かを好きになることもあれば、嫉妬 ら思いが加速することもあります」

みなみ
「それは......そうだね?」

風香
「それがどんな理由でも......好きだって思ったのなら、それは正しいんです」

「だから私は―――七海さんが友崎くんが好きだって気持ちを、尊重したいです」


(七海みなみ&菊池 風香)







「自分下げて安心すんな。見下されることになんか慣れるな。いいか? 自分上げて、そんで焦って努力して、上げちゃった自分に見合うような自分になれたとき初めて安心するのがな、かっこいい男ってやつなんだよ」


(水沢孝弘)














「けどね。だからこそ、一つだけ覚えといてほしい」

「『夢』だからこそ――そこへ向かう過程は、現実的じゃないといけないんだよ」



(足軽さん)











「……俺は」

「俺は、ルールがあるものはすべてゲームだと思ってる。ルールがあって、それに基づいた結果があれば、全てゲームだ」

「もし『人生』にそれがあるなら、『人生』だってゲームだ。そしてもし、そのルールがシンプルで美しくて奥が深ければ神ゲー、そうじゃなければクソゲーだ。……お前も同じ考えってことだよな?」

「……そうか。わかった」

「……だとしたら」

「ゲーマーの血が騒ぐな」

「お前の言うことをすべて信用したってわけではないけど」

「目の前にゲームがある。そのゲームは難易度が高いが全世界の人間が全員参加しているほどプレイ人口が多い。俺はそれを少しだけプレイしてクソゲーだと判断していたけど、どうやら確かなスジからの情報によると、実は神ゲーらしい。そして目の前にその上級者がいて、効率のいい攻略法を教えてくれると言っている。なら……」

「それをゲームとしてプレイしない理由はない」

(友崎文也)
















「どうすれば思うように声を出せて、思うように表情を作れて、思うように姿勢を作れて――どうすれば自分を、自分の思ったとおりに操作できるようになれるか。そんな、人生というゲームの操作方法を、人生をキラキラさせるために必要なことを――」

「お前が、教えてくれたんだよ」


「だから俺は、この『人生』っていうゲームでも、『キャラクター』でいたいんだよ。
 だって俺はお前のおかげで、この『人生』ってゲームのことも、好きになれたから」

「これが俺なりの、『本当にしたいこと』だ」

(友崎文也)






















「ゲームを使って人生を楽しんで、人生を使ってゲームを楽しめば―― ぐるぐる回って無限に世界が楽しくなるのかなー、って」

(友崎文也)














風香
「きっと友崎くんのなかで、 この毎日の生活も――『ゲーム』にレベルアップしたんですね」

文也
「うん。そうかも」

「俺にとって―『人生』はゲームだから、真剣に向き合いたいんだと思う」

(友崎 文也&菊池 風香)
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 名言集
2020年07月26日 (日) | 編集 |
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 名言


「.........友達になったところで失神だと? そんな友達、私は嫌だぞ。ダンケルフェルガーの姫は 意外と精神的に頑丈だな」

(ジルヴェスター・アウブ・エーレンフェスト/製品版)

















「取れる時に、取れるところから、取れるだけ、取っておくもの、とわあくしは教えられて育ちました」



(ローゼマイン・トータ・リンクベルク・アドティ・エーレンフェスト(マイン) /Web版)























「最悪ですね。本の一冊も持たずに王子様を名乗るなんて! 乙女の夢、ぶち壊しですよ! すでに二人の妻を持っているのに、本の一冊も持っていなくて、図書室を作って求婚もできない王子の一体どこにわたくしはときめけば良いのですか!?」


(ローゼマイン・トータ・リンクベルク・アドティ・エーレンフェスト(マイン) /Web版)
















「どれだけ読んでも読み足りるということはありません。多分、わたくしは死んでもまだ読みた いと願っていると思います」

(ローゼマイン・トータ・リンクベルク・アドティ・エーレンフェスト(マイン) /製品版)
















「ハァ、お魚がおいしいですね。わたくし、アーレンスバッハが欲しくなりました」


(ローゼマイン・トータ・リンクベルク・アドティ・エーレンフェスト(マイン) /製品版)












ローゼマイン
「......自重ですか。確か、かなり昔に捨てたような 記憶がうっすらとございます」

コルネリウス
「自重は捨てるようなものではございません! 拾って来てください」


(ローゼマイン・トータ・リンクベルク・アドティ・エーレンフェスト(マイン)&コルネリウス /Web版)













ローゼマイン
「わたくし、絶対に諦めません。凡人は止めて、奇人変人を目指します!」

フェルディナンド
「待ちなさい。君はすでに変人だ。目指すべき方向 はそちらではない」


(ローゼマイン・トータ・リンクベルク・アドティ・エーレンフェスト(マイン)&フェルディナンド /Web版)









ローゼマイン
「わたくしは煮ても焼いても食べられません!」

フェルディナンド
「あぁ、腹を壊しそうなので、食べる気は毛頭ない。……良い魔力が取れそうだと思っただけだ」

ローゼマイン
「余計に怖いですっ!」



(ローゼマイン・トータ・リンクベルク・アドティ・エーレンフェスト(マイン)&フェルディナンド /Web版)
転生したらスライムだった件 名言集
2020年07月26日 (日) | 編集 |
転生したらスライムだった件 名言



「ん、そうか? 自分では自覚出来ないな。だが、私は焦りすぎていたとは思うよ。
 自分の手で助ける事の出来る者を助けたい。そう思ったんだ。
 少数を切り捨て多数を助けるという考えが間違っていたとは思わない。
 信念を持って正しい事をしたと、胸を張って言える。
 だが……手の届く者を全て救うのもまた正しい。
 私は、大局に目を向けすぎて、大切な事を見失っていたようだ。
 大勢を救いたいのでは無く、皆を救いたい。夢物語ロマンチストだと笑いたければ笑えばいい。
 私は、自分の目で見て判断し、二度と惑わされる事なく正しい道を歩むと決めたのだ」

(坂口日向/web版)




















「お前もよ、人間。驕った考えを抱いたまま死ぬでない。正義とは何ぞや? 悪を挫くだけが正義ではなかろう。それに、妾の行いが悪かどうか、それを矮小な身で勝手に判断するとは何様だ? 全ての自由意思を満足させる正義などない。それを行えると考える方が、 傲慢であろうよ。違うか?」



(ルミナス・バレンタイン/小説製品版)

















「何を不思議がっている? 漢とは、常に成長するも のだろうが!」



(ベニマル(紅丸)/小説製品版)















ミリム
「あ! そうそう、思い出した!
 お前、魔王を名乗ったり、魔王になろうとしたりしないのか?」

リムル
「え? 何でそんな面倒な事しないといけないんです?」

ミリム
「え、だって、魔王だぞ!? 格好いいだろ? 憧れたりとか、するだろ?」

リムル
「しませんけど?」

ミリム
「……え?」

リムル
「え?」


(ミリム・ナーヴァ&リムル・テンペスト/web版)



















リムル
「いよーっす! 遊びに来たよん。どうしたの、何か あった? 難しい顔して?」

フューズ
「いやあ、ついさっきまでは平和だったんだが、突然 魔王が現れましてねぇ......」

リムル
「え?マジで? ヤバイじゃん。のんびりし過ぎだ ろ?」

フューズ
「いやいやいや、その魔王は目の前にいるんですよ。 さて、どうしたもんでしょうね......?」

リムル
「え、そうなの? それは、お茶とか出した方がいい んじゃない? ケーキとかあったら、その魔王も喜ぶ と思うけど?」


(リムル・テンペスト&フューズ/小説製品版)













ギィ
「ああ? お前はオレに見栄を張っているのか?」

リムル
「ああ、張ってるよ。それをなくしたら、魔王なんてやってられんだろ。誇りを捨てられるくらいなら、最初から陰 でコソコソして、それなりに楽しく生きていたよ」

(リムル・テンペスト&ギィ・クリムゾン/小説製品版)












「いいか、大人とは汚い生き物なのだ。どんな手を使っても勝つ!
 それが、大人ってものなのだよ」


(リムル・テンペスト/web版)

















俺は俺が望むままに、暮らしやすい世界を創りたい。
出来るだけ皆が笑って暮らせる、豊かな世界を。
俺は包み隠さず本心からそう思っている。

(中略)

「まあね、その為の力さ。力なき理想など戯言だし、理想なき力は空虚だろ? 俺は結構欲深いけどさ、何を為したいかという願望もなく、ただ力のみを求める趣味なんざないんだよ」


(リムル・テンペスト/小説製品版)











「いいや、俺だってそこまで馬鹿じゃない。だが、誰 もが一度は機会を与えられるべきなんだ。何をやっても駄目なヤツもいるけど、人の価値ってのはそう簡単 に斬り捨てていいもんじゃないだろう?」




(リムル・テンペスト/小説製品版)

   


魔王様、リトライ! 名言集
2020年07月26日 (日) | 編集 |
魔王様、リトライ! 名言

「第一
 国の頂点に
 立つような存在とは」

「清濁を併せ持つ
 器量を持った人間のことを指す」

「お前のように
 何でも白黒つけていては
 一歩も進まんぞ?」


(九内伯斗(大野晶) /漫画版)











《......ハッ、私の頭におじ様の声が。これが結婚?》


(ユキカゼ/Mノベルス版)









「アーツ、あんた知らなかったの?」

「私は我侭なの。皇国のことなんて知ったことじゃないわ」

「ふぅん。なら、あんたは友を見捨てて生きていくと良いわ。私は我侭だから、もう自分 の好きなものは何一つ手放さないって決めたの」


(ルナ・エレガント/Mノベルス版)

理想のヒモ生活 名言集
2020年07月26日 (日) | 編集 |
理想のヒモ生活 名言集


「む? 王族に生まれたならば、その時点で生き方は決まっているものだろう。その決まった生き方の中でいかに幸せになるかは、家族である私達の愛情や、乳母達周囲の環境、そして何より本人の努力で決まるのではないか?」


(アウラ・カープァ)













「はい。騎士の忠誠は金銭で買うものですから」

「無論、金銭だけで完結するわけではありません。忠誠を高めるのは主君の言葉ですし、 持続させるのは主君の行動です。しかし、根底を支えるのはあくまで金銭です。金銭とい う土台なしに、忠誠は成り立ちません」


(ファビオ・デウバジェ)













「周囲の無理解と戦うのは、先駆者の宿命だな。そこで諦めては永遠に解決しないが、気 にしすぎも良くない」


(山井善治郎/ゼンジロウ・カープァ)