名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
江戸の検屍官 名言集
2014年10月13日 (月) | 編集 |
江戸の検屍官 名言

作品オススメ度…A


「実際に殺められた者を見てしまったら、目をそむけて
 何も見なかった事なんかにできません。」

「私は絵師ですから…
 絵に思いを込める事しかできません。」

「憤りや…疑問や愛憎や…色んな言葉には尽くしきれいなものを絵に――…」

(お月)









「いくらか器量がいいからとそれだけを頼みにする生き方しか考えない。」

「少しでも格上の男に選ばれようと必死で芸事を身に付けて媚を売る――
 バカげてます!!」

「それが本当に自分のやりたい事なのか、」

「もっとよく考えてみればいい…!!」


(お月)










「…他人が脇からいくら言ってもだめです。」

「自分自身で気付かなければ。」

「枕絵でも何でも、
 とことん描いて描いて突きつめて――」

「自分が何を描くべきか自分で気付いて
 自分で見つける事が大事なんです…!」

(お月)









「お半さんならきっと満足していますよ。」

「だって―――」

「あなた方が必死で――」

「お半さんの最期の叫びを聞き取ってあげたじゃないですか。」

(お園)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック