名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
車輪の国 シリーズ 名言集
2007年03月05日 (月) | 編集 |
車輪の国 シリーズ 名言


「一時的なものとはいえ、暴力ほど効率のいい指導はこの世に存在しないぞ

(法月将臣/車輪の国、向日葵の少女)













「クイズをしているのではない。
 現状をよく踏まえた上で、その多面的な要素とやらから必要と思われる一面を考えろ。知識ではなく知恵を振り絞れ」


(法月将臣/車輪の国、向日葵の少女)

















「お前の胸に金色のバッジがついたとき、お前はきっと気付く。社会には、人のうねりには勝てないのだと。世の中には、どうあがいても覆せない理があるのだと」

(法月将臣/車輪の国、向日葵の少女)















「指導者は、謝るな。誰かに責任を押し付けられない立場の人間の謝罪が許される社会は堕落の一途を辿る」

(法月将臣/車輪の国、向日葵の少女)
















「国が、資格が、こんな特許が、親が、信頼する友人がこういったから……すぐ、安心し、思考を停止する。
 そのくせ、裏切られたときには、豚のようにわめき散らす」


(法月将臣/車輪の国、向日葵の少女)

















「万物は流転する。 そこに多少の善悪があろうとも、今日も太陽は東から昇ってくる」

「それはまるで、車輪のように・・・・・・」


(法月将臣/車輪の国、向日葵の少女)




















「ち・・・・・・おしとやかで優しい娘を、怒りんぼでわがままな女に堕とす過程を話そうと思ってたのに」

 (樋口璃々子/車輪の国、向日葵の少女)
















「――手を貸そうか?」

(樋口璃々子/車輪の国、向日葵の少女)


















「つらい過去を見る瞳には、自分だけしか映らないわ。それは、弱さの証でしかないのだから」

(樋口璃々子/車輪の国、向日葵の少女)


















「毎日遊んでいるようなヤツほど、実はプライドが高くて、そのくせ、将来でかいことしてやろうとか思ってるもんだよ」

(森田賢一/車輪の国、向日葵の少女)

















「その質問に答えることは、至極簡単です。
 知識を披露すればいいのですから。
 でも、京子さん、そもそも大事なのは知識ではなく、知識を知恵に変えることではないでしょうか?」


(森田賢一/車輪の国、向日葵の少女)














「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」

(森田賢一/車輪の国、向日葵の少女)














「恋愛は人を盲目にして冷静な判断力を失わせる」

(アリィ・ルルリアント・法月/車輪の国、悠久の少年少女)















「男と女など、しょせんは棒と穴の関係にすぎん。そんなものを愛だと語るから人間は腐ってゆくのだ」


(アリィ・ルルリアント・法月/車輪の国、悠久の少年少女)















「人の道は、けっきょく輪のようにつながっているのです」

(法月雅臣/車輪の国、悠久の少年少女)

















「そこをどけ豚ども。 私はこれから最愛の人に会いに行かねばならんのだ」

(法月雅臣/車輪の国、悠久の少年少女)







トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック