名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
私立アキハバラ学園 名言集
2007年06月16日 (土) | 編集 |
私立アキハバラ学園 名言


「萌えは日本語のように複雑なんだ。
 お前らみたいな一元的な考えでは、理解できにくいシロモノさ。
 俺たちは二千年かかって、この萌え文化を生み出した。
 単純に見えてワビとサビが詰まってる。歴史を忘れるなよ。


(ネコミミ/私立アキハバラ学園)
#その通り!!









エロゲって言うな!
 『ゲ』ってなんだ。ゲームの『ゲ』か。
 違う。ゲームじゃない。
 これは彼女たちと会うための神器だよ。

 そう。僕は現実の女に死にたいくらい幻滅している。
 真のヒロインは僕の心の中と、ここ!ここにしかいない。

 だからゲームじゃない。
 真のヒロインとチャネリングするための神の道具さ。

 僕は神器と呼んでいる。」


(ネコミミ/私立アキハバラ学園)











「これはアニメじゃない。神器を紹介するパンフレットさ。


(ネコミミ/私立アキハバラ学園)










「俺はネコミミだ。しかたないだろう。

 ネコミミが好きだからだ!文句あんのかテメエ!
 ネコミミ最高なんだよ!
 テメエらナマの女とは一生縁切った!
 これはその証明なんですよ!


 二次元の女が好きでわりいか!
 現実見なくてハイごめんなさい!
 でもなぁ、ここに出てくる女の子はなぁ・・・
 とにかく可愛いんだよ!
 とにかく理想なんだよ!現実にいねえからいいんだよ!

 テメエらみてえに頭っから俺たちのこと否定しねえからだ!


(ネコミミ/私立アキハバラ学園)












「俺の夢はこの子(ゲームの女の子)と結婚することだ。
 人類は月に行ったんだぞ?科学は発達する。
 きっと、いつか、俺の夢が現実になる日が来る。

 このまんま。
 出てくる。


 あとはその日が近いか遠いか、それだけだ。」


(ネコミミ/私立アキハバラ学園)









「ホンモノの女はいつか裏切る。だからキライだ。
いいんだ。俺には二次元があるんだ。二度と現実の女なんか見るもんか。」


(ネコミミ/私立アキハバラ学園)











「わたし、お兄ちゃんが好きです」

「なんちゃって、嘘です」

「なんちゃって・・・」

「・・・嘘です」


(冬馬 琴未)






トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック