名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
宇宙兄弟 名言集
2014年04月11日 (金) | 編集 |
宇宙兄弟 名言

作品オススメ度…S


「兄弟なんて普段はさ」

「遠くから見守るくらいがちょうどいいんだよ」

(南波 六太)











「モノ作りには……」

「失敗することにかける金と労力が必要なんだよ」

「いい素材使ってるモノがいいモノとは限らねえんだ」

「だけど――」

「失敗を知って乗り越えたモノなら」

「それはいいモノだ」


(南波 六太)













「本気でやった場合に限るよ」

「本気の失敗には価値がある」

(南波 六太)




















「逃げ道ってのは甘えの道だ」

「誰でも楽に歩けるかわり
 どこにも辿り着けない」


(南波 六太)

















「人の人生には
 いくつもの“夢のドア”がある」

「人は…例えば「宇宙へ行く」みたいな大きな夢を持った時」

「目の前に現れたバカでかいドアに萎縮して
 向こう側へ行くことを諦めちまう」

「「開けられるわけがない」―――ってな」

「だがビビることはないんだよ」

「本当ははじめから――――」

「そんな“バカでかいドア”なんてものはない」

「小さなドアが」

「いっぱいあるだけだ」

「“成長のドア”」

「“発見のドア”」

「“勝利のドア”」

「“賞賛のドア”」

「他にもいろいろ見つかるだろう」

「そしてその小さなドアを開けるたび」

「君らの夢がひとつずつ叶っていくのがわかるはずだ」

「君らには」

「そのためにやるべきことがある」

「手探りでも何でもいい」

「意地でも次のドアに手をのばし続けることだ」

「そんなことしてる間に――――」

「気付いたら」

「宇宙遊泳とかしてるかもよ?」

(ブライアン・ジェイ)


















ブライアン「ヒビトは自分が死んだらどーなると思う?」

日々人「ん?」

日々人「さあ……」

日々人「わからんないけど……」

生まれてないときと同じだと思う

じゃあ

天国とか地獄は?

俺はないと思うな

どっちも

なぜ?

だって……

天国も地獄もどっちも……

生きてるときに見えるもんだ


(南波日々人&ブライアン・ジェイ)
















深い闇に落ちたせいで
死ぬほど星がキレイに見える

めんどくせー場所だな

ここは

地獄のくせに天国に見える

(南波日々人)










「戦場へ行った夫や恋人に“無事に帰ってきてほしい”っていう願掛けの意味で」

「パラシュートが開く生命線の収納作業は女がやるようになった」

「要するに」

「パラシュートってのは……」

「愛で開く」


(ピコ・ノートン)
















「こんな田舎町でも」

「ISSは見れるじゃねーか」

「なあ!」

「誰の頭上にだって」

「宇宙船は通過するんだ」


(リック・ターナー)












「君の作った物に搭乗し
 月に着陸するなんて」

「私は未だに恐ろしくて仕方がない」

「だが同時に」

「例えようもなく」

「誇らしく思っている」


(ビンセント・ボールド)















「ワシはな
 ムッタ…」

「お前に“一流の宇宙飛行士”になってもらいたいと思ってるんだ」

「しかしワシには一流の宇宙飛行士になる方法などわからんし」

「教え方も知らん」

「だが……」

「一流のパイロットになる方法なら」

「教えられる」

「やれるとこまでやって」

「何か見つけろよ
 ムッタ」

「どーせやるなら」

「その道の一流を目指そうぜ」


(デニール・ヤング)















「引退式でぶちまける“水の勢い”は
 退く者への“感謝の大きさ”に比例する」

(デニール・ヤング)














「自分で気付いて動き出さない者に
 かけてやるやさしい言葉などない」

「私はそこまで人間できれないんでな」


(イヴァン・トルストイ)













「私は父の残した言葉の中で揺るぎなく信じているものがある」

「「宇宙飛行士は人種に拘らず」」

「「皆――
  尊敬すべき英雄である」」

「私の父も」

「ヒビチョフもそうだ」



(イヴァン・トルストイ)















楽な演技を延々と続けて
お客さんが喜ぶと思う?

人に見られる事をするには
見えない踏ん張りが必要なの

バレエは……苦しい?

そうよね

じゃあ覚えといて

苦しくて
苦しくて

大変な演技ほど

美しく見えるの




(エミーリア・トルスタヤ)







 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック