名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
バンビ〜ノ! 名言集
2012年11月10日 (土) | 編集 |
バンビ〜ノ! 名言

作品オススメ度…B



「こうゆう時は揺れておけ。」

「いいプロは―――――
 職人すぎても
 批評家すぎても
 なれやしねえ。」

「供給と需要の真ン中に心根を置かねえといけねえ。」

「人間の幅と言ってもいい。」

「そいつァ―――
 こういう時にアレコレ考える事の出来た奴が手に入れられるモンなのさ。」

 

(宍戸 鉄幹)














「手前の魂を―――」

「手前で作った檻に閉じ込めてんじゃねぇ!」


(宍戸 鉄幹)











「致し方ありません。」

「食卓の神の前では皆さん平等です。」


(与那嶺 司)









「未完成でいいじゃないか。」

「ゴツゴツした原石のままでいいから――――
 アチコチぶつかりながら――――」

「転がってみなよ。」

(与那嶺 司)










「お前、ちゃんと緊張感をもって職場にいるか?
 ―――――――今日合った人と明日も会える保証はないんだぜ。」

「今日、店にいたお客はお前のミスで2度と来てくれないかもしれない。」

「今、席を外してるあのコ達は2度と俺達と遊んでくれないかもしれない。」


「レストランは「一期一会」の場だぜ。」

(井上)









「普段コンビニ弁当食ってても
 晩メシをファストフードですませても……」

「特別な人とは特別な時間を――――――」

「生きてる事を楽しみたいモンなんじゃねーのか?」


(井上)










「仕事が出来ない人の賃金は誰が払ってるか分かる?」

「お店が養ってるわけじゃないのよ。」


「仕事の出来る人が出来ない人を養ってるの。」


(宍戸 美幸)
















「若いうちに地道なことやっとけって。」

「その地道なことをやった過去が・・・・」

「オマエの将来を支えてくれる。」


(羽山 靖秀)













「自分にプライド持ってない奴に、誰がついていくっていうの?」

(日々野 あすか)









「今日、目の前にいる客を大切に出来ない奴が――――
 明日の客を大切に出来るハズねーだろ?」


(楊 大衛)














「自分で考える事をやめた人間は――――――」


「それは調教されたブタと同じですよ。」

「私はブタと働くのはごめんですね。」

(楊 大衛)














「枯れた!?」

「ウソだね。
 アンタまだ目が生きとるやん!?」

「もう一度。」

「もう一度サービスマンとして客席に立って下さい。」

「伝説の続き、見せて下さい!!」


(伴 省吾)













「必死コイて笑ってる人間がいる限り、
 この国は死にゃあしないよ。」


(野上 京子)














「ヒデーことヤラれちまって
 もうだめだ、立ち上がれねーと思ったら………」

「ゲンコツ握ってみろよ。」

「固いゲンコツ作れんなら―――――」

「それは自分を出し切っちゃいない――――――」

「オメーはまだ戦えるって事なんだよ。」


(香取 望)










「評論とは――――」

「感覚的な感想文を書く事でも、論じるフリをした自己表現文を書きつらねる事でもない。
 ましてやヨイショ記事を書くことでもない。」

「その道の専門家が、専門知識なしには気がつかない事を、一般の人に分かり易く繙く事なんだ。」


(永坂 俊一)











「永遠に生きるつもりか?」

「人生は一度きりだ。」

「こんな冒険はめったに味わえないぜ。」


(コヨーテ・ブラデス)





  
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック