スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才柳沢教授の生活 名言集


天才柳沢教授の生活 名言

作品オススメ度…A


「あなた方は年をとることがそんなにつらいのかね」

「怖いのかね」

「確かに怖くないと言えば嘘になる」

「しかし私にはまだまだ学ぶことが山ほどある」

「私のやる事に終わりはない」

「やればやるほど無限に広がっていく」


(柳沢良則)












「華子にはまだ“死”というものがわかっていません」

「華子は理代子さんが生き返ることを信じていたのです
 そして私のことも永遠に存在するものと思っているのです」

「今日のことで私は華子の夢を壊してしまったかもしれません」

「ただ」

「人は死ぬからこそ夢が持てるのだと」

「命には限りがあるからこそ
 今が大切なのだと」

「学ぶ楽しみがあるのだと……
 いずれ彼女が考えてくれるとよいと思います」

(柳沢良則)















「その理由を君に説明するのはおそらく不可能でしょう」

「子供にしかわからない悲しみがあるように
 大人にも大人にしかわからない深い悲しみが存在するのです」

「そして」

「悲しみが深い分
 喜びもまた深く大きい」


(柳沢良則)









「タマよ」

「いくら言葉を正しく使っても
 人間の気持ちの全てを表現することは不可能であるな」

「これに関して『分かった』という言葉を用いることは避けなければならない」


(柳沢良則)















「君は自分の意見を述べたのだ」

「それは すでに過去に記憶した他人の言葉ではない」

「君だけの君自身の言葉だ」

「自分自身の言葉があって 初めて他人と知り合うことができる」

「他人とコミュニケーションできる」

「新しい発見ができる」

「そして また言葉が生まれる」

「それらによって君の知識は」

「初めて意味のあるものになるのではないかね」


(柳沢良則)













良則「君には一言だけ言っておく」

良則「何でも 真面目にやれば すべてうまくいくなどとは決めつけないように」

青年「しかし 教授あなただって
   ものすごく真面目じゃないですか」

良則「これは私の性なのだ
   私にとってはこれが あたりまえ自然なのだ」

良則「あなたたちはあなたたちの自然体でやりなさい」


(柳沢良則&青年)










「人生はドラマチックじゃなきゃいかん」

「なぜなら愛にはドラマが必要であり
 人生は愛のためにあるからじゃ」


(柳沢康則)














「私の体が
 土と木々を求める時
 風を求める時
 紅茶はその仲介役を果たしてくれる」

「どの民族が生んだ文化も紅茶にはかなわん」

「紅茶は私の体の一部だよ……」


(ジャクソン教授)






| さかき的名言集ホーム |

トラックバック

トラックバックURL:
http://sakakitekimeigennsyu.blog83.fc2.com/tb.php/361-febd2986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。