スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の名言集


死の名言

「子供が生まれたら犬を飼いなさい。

 子供が赤ん坊の時、

 子供の良き守り手となるでしょう。

 子供が幼年の時、

 子供の良き遊び相手となるでしょう。

 子供が少年の時、

 子供の良き理解者となるでしょう。

 そして子供が大きくなった時、

 自らの死をもって、死の悲しさ、

 命の尊さを教えるでしょう」

 
(藤宮翠/青空の見える丘)




















「彼は死んでどんな生者よりも美しくなった」

「愛
 そのものといっていい」

「彼はもはや
 憎むことも
 殺すことも
 奪うことも
 しません」

「すばらしいと思いませんか?」

「彼はこのままここに打ち捨てられ
 その肉を獣や虫に惜しみなく与えるでしょう」

「風にはさらされるまま
 雨には打たれるまま」

「それで一言半句の文句も言いません」


「死は人間を完成させるのです」


(ヴィリバルド/VINLAND SAGA ヴィンランド・サガ)














「死ぬのも、殺されるのも、不自然なことじゃない、目的もなく…生きてるよりはな」

(キバ/WOLF'S RAIN)














「人が死を乗り越え、幸福に至る為にと与えた技術が、結果としてその被害者にもたらしたのは不安と苦痛。 それを紛らわす為の幾つもの傷痕・・・・・・なんとも出来損ないな、悲劇的な喜劇ですよ」

(西田貴流/カッティング~Case of Mio~)














「いいかっ! お前は俺様の大切な友人だっ! だから、勝手に離れたり、死んだりするなっ! 神様なんかに祈る前に俺に祈れ!! 絶対に神様よりも俺の方が偉いっ」

(秋庭多家良/神様ゲーム)
























「死人は勝てねえんだよ。」


(加藤鳴海/からくりサーカス)














「あたりまえように生きて、あたりまえように死ぬのね
 ああ、それは―――
 なんて、孤独――― 」

 
(両儀式/空の境界)




















「ああ。人を殺せるのは一度だけだ。そこから先はもう意味のない事になる。
 たった一度きりの死は、大切なものなんだ。
 誰かを殺してそれを使いきった者は、永遠に、自分を殺してあげることができない。
 人間として、死ねないんだ

 
(両儀式の祖父/空の境界)























「死んだ人間は強いが
 生きてる人間は弱い!」


(ジャン・クローチェ/GunslingerGirl-ガンスリンガー・ガール-)


















「全軍突撃!よもや命を惜しいと思うな!
 どこかのだれかの笑顔のために戦って死ね!」

 
(善行忠考/Gunparade March-ガンパレードマーチ-)

















「簡単に死ぬとか言うな」

「醜態を晒してでも
 最後まで生き残る道を探し足掻け」


(クレア/CLAYMORE‐クレイモア‐)

















「何やってんのよ
 あんたは」

「あんた一人好き勝手やって死んだら
 残された人は どうすればいいってのよ!」


(オフィーリア/CLAYMORE‐クレイモア‐)

















「死に後から意味をつけて、美化するのは残された人間が負い目に思っているからですよ。 それが真に正しいなら、それは無駄死にでいい。・・・・・・もとから、どんな死にも意味など無いのだから」


 (水木俊治/群青の空を越えて)



















世界は君が生まれた時に生じて、君が死んだ時に終わる。

……歴史なんてものに意味を求めるのは、臆病者の証明にすぎない。

--日本橋・ガード下の落書き--


 (群青の空を越えて)















「…坊主…」

「てめぇも将棋指しになればわかる………!!」

「勝負には勝つか負けるか…」

「生きるか死ぬか……
 それしかねぇんだ!!」


(氷室将介/月下の棋士)
















「いっしょうのお願いだよ」


(テッド/幻想水滸伝)












「死ぬのは俺がもっとオデッサにふさわしい男になってからにしよう。
 さあ行け! オデッサを悲しませるな!」

(フリック/幻想水滸伝)















「どうして、死に急ぎやがる!!!!
 生きててこそだろ!!!!!!」


(フリック/幻想水滸伝Ⅱ)


















「♪ぼ~くらはみ~んな、い~きている~。生き~ているから笑うんだ~。

 ぼ~くらはみ~んな、い~きている~。生き~ているから悲しいんだ~。

 手~の平を~太陽に~、すかしてみ~れ~ば~。真~っ赤に~流~れる~、僕の血潮~。

 ミミズだ~って、オケラだ~って~、アメンボだ~~ってぇ~

 みんなみんな、生きているんだ、友達な~ん~だ~♪」

(タチコマ/攻殻機動隊 STAND ALONE CONPLEX 2nd SGI)
















「生きたいという気持ちは同じなのかもしれない」

「死にたくないという気持ちは同じなのかもしれない」

「それだけで満足できない人間は、贅沢なのかもしれない」

「でも、生きたいんだ」

「詫びるつもりはない」


(レイフォン・アルセイフ/鋼殻のレギオス)














「あきらめるなんて言葉は死ぬときに言ってもらいましょうか!」

(両津勘吉/こちら葛飾区亀有公園前派出所)


















「死にたいなら喜んで手伝ってやる。お前なら殺しても生き返ってくるだろ。死ね」

(静蘭/彩雲国物語 白虹は天をめざす)



















「気に入らないヤツらだったけど、一緒に死んでやらないとさ……地獄でさびしがるだろ?」

 (ロベリア/サクラ大戦3)
















「ちくしょう……あんなヤツら死んだって、痛くもないと思ってたのに……どうして……こんなにつらい気持ちになっちまうんだよ……」


 (ロベリア/サクラ大戦3)














「この者達は、私を慕ってついて来ている
 あたかも子が親を慕うようなものだ
 なんで捨てて行かれる」

「国は人をもって基となすという
 玄徳は国を失ったが
 その基はまだ我にある
 民とともに死ぬなら、それもまた本望」


(劉備/横山光輝 三国志)






















「長い戦いの人生であったわ」


(曹操/横山光輝 三国志)
















「今日は死ぬには、いい日だ」

「今日、ボクは、独りだ」

「ここは暗い。
 ここは寒い。
 ここは悲しい」

「ここには、あなたがいない」

「けれど」

「こんな暗い夜だから、夜明けを想う」

「こんな寒い日だから、朝日を想う。
 こんなに悲しい時だから、あなたを想う」

「あなたに朝が訪れますように。
 暖かな風がありますように。
 愛しいぬくもりを得られますように」

「ここは、こんなにも冷たくて、あなたはここにいない。

 だから。

 これはきっとよいことで」

「今日は、死ぬには、いい日だ」


 (風の後ろを歩むもの&克綺/塵骸魔京)
















「お前が死ななければいけないような世界なら、俺は、そんな世界なんていらない」

(星弓斬人/世界平和は一家団欒のあとに)













「男が泣いていいのは親が死んだときだけですぜ…!」

(マサ/瀬戸の花嫁)















「…物事の『死』が視えるという事は、
 この世界すべてがあやふやで脆いと言う事実に投げ込まれることだ。
 地面なんて無いに等しいし、空なんて今にも落ちてきそう」

「何を――何の事を言っているんだ、おまえ」

「…一秒先にも
 世界すべてが滅んでしまいそうな錯覚を、おまえは知らない。
 ――それが、死を視るという事なんだ。
 この目はさ、おまえみたいに得意げに語れる力なんかじゃない。
 それがおまえの勘違いだ、吸血鬼。
 命と死は背中合わせでいるだけで、永遠に、顔を合わせることはないものだろ」

「だから――その目で私を見るなと言っているだろう…!!」

走ってくる足音。 けど、俺のほうが何倍も早い。

「―――教えてやる。
 これが、モノを殺すっていうことだ」


 (遠野志貴/月姫)












「わたしを殺した責任、ちゃんととってもらうんだから」

 (アルクェイド/月姫)


















「郁君。 人が殺される理由は大きく分けて三つある」

「一つは『復讐』。 一つは『排除』。最後に『衝動』」

「これ以外の理由で殺された人間は、『殺された』というべきではない。『死んでしまった』というべきだ」

「人は生まれたときから死ぬことを定められてはいるが、社会や周りの人間によって生きることを義務付けられてもいる」

「だから、誰しも死にたいと思っても簡単に自殺なんてできないし、殺したいと思っても気軽に人殺しなんてできない」


(久十生寧/つくとり)


















「将来は、本に埋もれて死にたいね」

 (狩沢絵里華/デュラララ!! )


















多分、自分は一人で死ぬ。 一人ぼっちでいつか死ぬ。 でもそのときに、楽しい記憶があれば、自分はいくらか救われるかもしれない。 幸せだったと、悪くない人生だったと、そう錯覚して死んでいけるかもしれない。 今は、そのための記憶を蓄積する時期なのだ。

(柔沢ジュウ/電波的な彼女)











ジュウ「俺が死んだら、あんたは泣くのか?」

紅香「泣かないとでも思うのか?」

紅香「おまえがどんなにクソガキだろうと、おまえはわたしの遺伝子を受け継ぐ唯一の息子で、代わりの存在はいない、ただ一人の柔沢ジュウだ。 そのことを忘れるな。 わたしは忘れない」

(柔沢ジュウ&柔沢紅香/電波的な彼女)





















「生きて帰れとは言わぬ! 名誉ある死を遂げよとは言わぬ! 視して和平の礎となれ! 我等こそ、真の平和を体現するものと成るのだ!」


(黒川/9S<ナインエス>)



















「虎は虎として生き」

「虎として死ねばいい」

(伊藤一刀斎/バカボンド)

















ロイ
「殉職で二階級特進・・・、ヒューズ准将か・・・・・・。」

ロイ
「私の下について助力すると言っていた奴が、
 私より上に行ってどうするんだ。馬鹿者が。」


リザ
「大佐。」

リザ
「風が出て冷えて来ましたよ。
 まだお戻りにならないのですか?」

ロイ
「ああ。」


ロイ
「・・・まったく、錬金術師とはいやな生き物だな中尉。」


ロイ
「今・・・、頭の中で人体練成の理論を必死になって組み立てている自分がいるんだよ。」

ロイ
「あの子らが母親を練成しようとした気持ちが今ならわかる気がするよ。」


リザ
「・・・・・・・・・大丈夫ですか?」


ロイ
「大丈夫だ。」

ロイ
「―――いかん。雨が降ってきたな。」


リザ
「雨なんて降って・・・。」


ロイ
「いや、雨だよ。」

(大佐の頬を涙がつたう)

リザ
「・・・・・・・・・そうですね。」

リザ
「戻りましょう。ここは・・・・・・冷えます。」


 (ロイ・マスタング/鋼の錬金術師)















「助かるかもしれない。 そんな希望を抱きながら一瞬で死んでいけるのは、とても幸せなことだ。」

(グース・パーキンズ/バッカーノ!1931 鈍行編 The Grand Punk Railroad)















ニキ
「……自由?」

エルマー
「ああ、今の君は、自分で選べるんだ。 ……俺はね、人の幸せっていうのは……きっと、『選択肢』なんだと思う。 より多くの選択肢を与えられた人間、あるいは、自分の選択肢に気付けた人間は幸せなんだろうなって思う。 例えもう死ぬしか道が遺されていないとしてもーーそれでも、笑って死ぬか、苦しんで死ぬかーーそんな選択肢ぐらいは探し当てないねぇ」

(エルマー・C・アルバトロス&ニキ/バッカーノ!1705 The Ironic Light Orchestra)

















「やがて失うものに意味がないのなら
 あなたの命もまた無意味でしょう」

「時か 病か 刃か
 いずれは奪われる」

「ならば今すぐ死にますか?」

(アリス・L・マルヴィン/パンプキン・シザーズ)
















人が希望を持ちえるのは
死が目に見えぬものであるからだ


(BLEACH)















我々は皆
生まれながらにして死んでいる
終焉は常に
始まりの前から そこに在るのだ

生きることが
何かを知り続けることならば
我々が最後に知るものこそが終焉であり
終焉をついに見出し
完全に知ることこそが
即ち死なのだ

我々は何かを知ろうとしてはならない
死を超越できぬ者は
何者も知ろうとしてはならないのだ

(BLEACH)












氷原の夢を見る

氷の気配がする

声が聞こえる こだましている

圧し潰すような 包み込むような

遠く鳴り響く 雷鳴のような

声が聞こえる

圧し潰すような
包み込むような

遠く鳴り響く 雷鳴のような

この掌に触れる 花のような

声が聞こえる

こだましている

圧し潰すような 包み込むような

この掌に落ちる 雷鳴のような

声が聞こえる

遠く 近く 鳴り響いている

在り処を求めて 進むと決めた

この 氷原に死すとも


(BLEACH)













「…しっかり生きろよ一護
 しっかり生きて しっかり年喰って しっかりハゲて 

 そんで俺より後に死ね  

 そんで、出来れば笑って死ね
 でなきゃ、俺が真咲に合わせる顔がねぇ 

 ウジウジしてんなよ  
 悲しみなんてカッコいいモンを背負うにゃ、
 オメーはまだ若すぎんのよ 」


 (黒崎一心/BLEACH)
















「うん。戦いだもんね。死ぬかもしれない。
 ―――-でも、私は死なない」

「だって、私はプリンセスだもん」


(リリアーナ=ルン=ルン=ギュンスター/PRINCESS WALTZ-プリンセスワルツ-)


















「まあ気にするな。こういうのには慣れてる。英雄ってのはな、いつだって理不尽な命令で死ぬものなんだからよ」

(ランサー/Fate/stay night)


















「・・・・危険も苦難もない生があるか
 そうでなくともひ弱な人間は数十年で死ぬ」

「ならば進め人間よ
 踏み出して苦難を取れ」

「踏み出したものがより多くのリスクを負うのは当然だ」

「だがそれが何だ?」

「安全圏で惰眠をむさぼる腐った豚よりよほどマシ
 摑むに値するものはリスクの先にあるのさ」


 (エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル/魔法先生ネギま!)



























「私は面倒事が大嫌いだ!」

「面倒臭いことをやらなきゃならんくらいなら…」

「死を選ぶ!」

「…私に面倒をかける奴の――」

「死を選ぶ!」

(千両千尋/まなびや)


















「自分だけが勝ち、生き残るのは完全な勝利ではないのよ。
 獣は敵を引き裂けば喜びふるえるかもしれないけどーー」

「でも人は・・・」

「敵の死にも涙を流す能力を持っているんだもの。」

(ヒカゲ/MISTERジパング)














フ………男ってのはな、オッパイで死ねるならまあいんじゃねって思う生き物なんだよ。

(神楽堂槇人/メイドさんと大きな剣)

















「私はおまえを育てた  お前を愛し、武器を与え、技術を教え、知恵を授けた
  もうわたしから与える物は、なにもない

  後は私の命をお前が奪え
  自分の手で
  どちらかが死に、どちらかが生きる
  勝ち負けではない
  私達戦士とはそういう宿命

  生き残った者がボスの称号を受け継ぐ
  そしてボスの名を継いだ者は、
 終わりなき闘いにこぎ出してゆくのだ」

 (ザ・ボス/メタルギアソリッド3)





















「おれがなるって決めたんだから
 その為に戦って死ぬなら別にいい」

(モンキー・D・ルフィ/ONE PIECE -ワンピース-)












「死ぬことがおんがえしじゃねぇぞ! 助けてもらって死ぬなんて弱虫のやることだ!」

(モンキー・D・ルフィ/ONE PIECE -ワンピース-)





















「・・・たとえ死んでも」

「おれは女は蹴らん・・・!!!!」

(サンジ/ONE PIECE -ワンピース-)













「人はいつ死ぬと思う・・・?」

「心臓を銃で打ち抜かれた時・・・ ・・・違う」

「不治の病に犯された時・・・ ・・・違う」

「猛毒のスープを飲んだ時・・・・・・」

「違う!!!!」


「・・・人に忘れられた時さ・・・!!!!」

(Dr.ヒルルク/ONE PIECE -ワンピース-)













「まったく!!!!」

「いい人生だった!!!!」

(Dr.ヒルルク/ONE PIECE -ワンピース-)



























「医者は人を生かす商売だと!?」

「ジョーダンじゃねぇ!」

「医者ってなァな
 世の中で一番死んでいく人間を見る商売なんだ!」

「常に“死”を
 見なきゃいけねぇ
 商売なんだッ!」

「死んじまった人間を見る坊主の方が」

「ずっとずっと楽なんだッ!!」

「わかるかッ!?」

「エッ!?」

「ヒヨッ子にわかるかッ!?」

「いいかッ!」

「オレ達が
 やつらに
 やって
 やれるのはな」

「やって
 やれるのは
 たった一つ・・・・」

「人間として・・・・」

「人間としてつきあってやるしかねぇんだ~~ッ!!」


(国分徹郎)



















「誰もが必ずいつか死にます
 でも誰だって死は怖い」

「神々は
 その恐怖を乗り越えるほどの
 強い愛をご覧になる為に
 生贄を求めるのでしょう?」

(イリス/オリンポス)


















「だが人間は死ぬ時は死ぬ
 その事に意味などないぞ」

「意味を持たせるのは
 生き残った側の人間の意志だからな!」


(土方 護/死がふたりを分かつまで)


















「戦士は心を持たない獣ではない」

「皆
 死の恐怖に怯え
 震えながら」

「それでも
 愛する女のため
 家族のため
 国家のために」

「心の瞼をきつく閉じて戦っておるのだ」



(貴族/アド・アストラ -スキピオとハンニバル- )






















「胡さんもそう言った」

「数学者はロマンチストだって」

「証明のいらない自明のことを公理といって」

「数学はこの公理の上に積み上げられていく」

「そしてこの公理の前提となるのが空集合φ」

「つまり「ゼロ」が存在するということ・・・・」

胡さんは言ってた

「医者を目指すオレは空集合φがあることがわかればいい」

「人間には死(ゼロ)という現実が存在することを知っていればいい」

・・・・と

「だから胡さんが「φの場所」と言うなら
 それは「死の場所」を示す・・・・」

「現実とは“死”があること」

「死は証明もいらず
 そこからどんなパラドックスも生まれない」

「それ以上の無限を考えるのは」

「ロマンチストのやることだって」


(燈馬想/Q.E.D.証明終了 )




















「死そのものは――無意味です。しかし彼らが生きて為しえた事は、決して無意味ではないのです」

(セルマ/Bullet Butlers )




















「いいかい、君。人はいつか死ぬ、一年後かもしれないし、十年、二十年……百年経ってかもしれない。ともかく死ぬんだ」

「重要なのはその一点。如何に生きて、如何に周囲に善きものを残したか、だ。その点に置いては赤子の死でも意味があると思うね」


(ガラ/Bullet Butlers )





















「人は遅かれ早かれいつか死ぬ」

「でも限りある命だからこそ
 喜んだり
 悲しんだり
 出来るんだ」

「「死」を克服するなんて 始めから死んでるのと同じだろ」


(朝倉葉/シャーマンキング )

















「華子にはまだ“死”というものがわかっていません」

「華子は理代子さんが生き返ることを信じていたのです
 そして私のことも永遠に存在するものと思っているのです」

「今日のことで私は華子の夢を壊してしまったかもしれません」

「ただ」

「人は死ぬからこそ夢が持てるのだと」

「命には限りがあるからこそ
 今が大切なのだと」

「学ぶ楽しみがあるのだと……
 いずれ彼女が考えてくれるとよいと思います」


(柳沢良則/天才柳沢教授の生活 )



















「死は誰にとっても酷いことなのよ」

「若くても
 老いていても
 善人も悪人も同じ」

「死は等価なの」

「特別に酷い死はない」

「だからこそ死は恐ろしい!」

「日頃の行いとか
 年齢とか
 個性とか
 お金持ちとか
 美人であるとか」

「そんなものはその人が生きている間しか意味を持たないの!!」

「それを全て無意味にしてしまうからどんな死も酷いことなのよ!!!」

(桐敷沙子/屍鬼 漫画版)

| さかき的名言集ホーム |

トラックバック

トラックバックURL:
http://sakakitekimeigennsyu.blog83.fc2.com/tb.php/306-b193b3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。