名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
沈黙の艦隊 名言集
2009年12月28日 (月) | 編集 |
沈黙の艦隊 名言

作品オススメ度…∞


「地球を……
 ひとつの国家とするのだ」

(海江田四郎)














「この現代社会においては」

「怪物は国家をはるかに超える大きさにまで肥大している!」


(海江田四郎)












「もし 彼らが人類の歴史に名をとどめる真に力のある国家と民族なら」

「このオイルと火の海から独立と尊厳を勝ちとるために何をすべきか探るはずだ!」

「牢獄の庭を歩く自由より 嵐の海だがどこまでも泳げる自由を」

「私なら選ぶ!!」


(海江田四郎)













「人間は 夢を見る事が出来ます」

「あなたも私と同じ夢を見ればいいのです」


(海江田四郎)





















「言葉を発する時
 聴衆の数を意識するほど愚かなことはない」

「そして
 言葉の意味を正確に伝えるのは行動しかないのだ」

(海江田四郎)





















「私は一人の人間として生きている」

「私は限界のある人間なのだ」

「私は預言者でもその他のものでもない」

「人間の未来は人間を超えるものへの崇拝や畏怖で決定されてはならないのだ」

「私の集発点も到達点も人間としての信頼なのだ」


(海江田四郎)












「戦争とは……」

「人間が命よりも大事なものを奪い合う行為だ」

「人間の命よりも大事なものが国家であるというのならば」

「私は
 国家を嗤い
 戦争を嗤う!」


(海江田四郎)
















「放たれたものが憎悪であるならば」

「目を開いて受け止めよう」

「放たれたものが憎悪以外のものであるならば」


「笑みをもって」

「受け止めよう」


(海江田四郎)






















「私の行動は軍人の行動だ」


「武器を携えずに危険に向かうことはしない」

「ここからは」

「私自身が核弾頭だ」


(海江田四郎)















「私が誰かを証明するものを示せとおっしゃるのなら
 私は何も持ってはいない」

「国籍も肩書きも私を証明しない
 私は あなたやここにいる人々と同じ世界市民だ」

「名前は海江田四郎!」


(海江田四郎)













「個人とか
 市民とか
 国家という
 名ではなく」

「“人類”という名においてのみ歴史はとぎれなく存在し」

「われわれは“人類”という名においてのみ未来を語ることができるのです!」


(海江田四郎)


















「国家は国家以上の存在に仕える者を圧殺できない」


(海江田四郎)













「有史以来」

「人類が手に入れた最も偉大な資産は」

「民主主義です!」

「そして
 民主主義の核となる
 多数の意思は」

「有史以来変わることなく
 すでに確定しています!」

(海江田四郎)













「地球のことは」

「海から解決するほうがいい」


(海江田四郎)















「同胞の命を守ることは絶対の正義だ
 それは 歴史が証明している!!」


(海原渉)












「世界を防衛することなく一国のみの防衛は不可能なのだ!」

(竹上登志雄)


















「初めに……
 対決ありき」

「次に言葉ありき」

「これからの人間は根本的な対立であっても
 言葉で解決しなければなりません!」


(竹上登志雄)













「権力の座にある者は
 確信犯であることからまぬがれないのだ!」

(ニコラス・J・ベネット)














「血の代償を払った者のみが
 世界の新たな歴史を切り拓くのだ」


(ニコラス・J・ベネット)
















「たとえ 今 全国民の非難を浴びようとも
 百年先を見つめ
 国民のためと信じることを行うのが
 われわれの仕事ではないのか!」


(ニコラス・J・ベネット)
















「彼らのフロンティア論は理念でしかない」

「理念でフロンティアの向こうは開拓できぬ」

「欲望が切り拓くのだ」

「われわれが抱いている欲望のみが可能とするのだ」


(ニコラス・J・ベネット)
















「まだ99%だ!!」

「戦場では100%の終わりはねぇ
 いつもあと1%残ってるんだ!!」

(深町洋)














「われわれは何も失ってはいない!」


(クリス・ストリンガー)






トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック