名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
ONE OUTS 名言集
2009年10月10日 (土) | 編集 |
ONE OUTS 名言

作品オススメ度…S


「俺はプロだ」

「野球に命を懸けている」

「肉体の限界まで苦しみ」

「精神がいかれるまで悩み…
 それでも 結果が残せなければ」

「大衆に罵倒される」

「それがプロだ」

「こんな所でお遊びやってるお前らとは懸けているものが違う」


(児島弘道)












「危機意識のない勝負に勝利などない」


(渡久地東亜)












「可能性が低いってのはつまり……」


「ゼロじゃない」


(渡久地東亜)












「お前らは 勝負というものを勘違いしている」

「勝つというのは
 力において 相手を上回ることでも
 ましてや 幸運を待つことでもない」

「勝つとは すなわち…」


「負かす事」

「蹴落とす事」

「つまずいたヤツを踏みつぶす事」

「ドブに落ちたイヌを 棒で沈める事」

「ぱっくり開いたキズ口に塩をすり込む事」


「勝ち残るとは屍を越える事だ…
 決して美しい事じゃない」

「むしろ残酷な事なんだ」

「それでも頂点に立ちたいと言うのなら」


「鬼になれ」


(渡久地東亜)












「イカサマを武器にするものは必ず そのイカサマで自分の首を絞める」

「これは勝負の常道だよ」


(渡久地東亜)











「今までのアイツは運まかせのサイコロ振りさ」

「6回 振れば
 1回は1が出るはずとただ漠然と1の目を待つサイコロ振りさ」

「たとえ 100回連続で違う目が出ても」

「『100回 続けて1が出なかったんだから次こそは必ず1が出る』と言いながら
 やっぱり サイを振るサイコロ振りさ」

「だが 勝負とはそういうものじゃない」

「100回 1が出なかったら
 サイコロのイカサマを疑うべきなのだ」

「そして」

「100の負けを取り返すために
 自分に有利なイカサマサイコロとすりかえるべきなのだ…」


「それが勝負の世界」

「自分が動かなければ何も変わらない」

「動けば必ず 何かが変わる」


(渡久地東亜)











「お前を救うのは神じゃない」

「お前自身だ」


(渡久地東亜)










「勘違い」

「大いに結構じゃないか


「自信とは『楽観的勘違い』だ」

「今 このチームにはそれが必要なんだ

「優勝争いをしていくうえで
 今後 厳しい戦いは続くだろう」

「しかし」


「戦いの局面が厳しくなればなるほど」

「自信は必ず力に変わる」


(渡久地東亜)












「勝負師というのは
 殺伐とした鉄火場で独りぼっちで生きる生き物」


「他人に情を抱くようになったら終わりだよ」


(渡久地東亜)












「先生は知ってるぞっ」

「ほかの人間が
 笑ったり
 遊んだり
 楽しんだり」

「そうやっている間にも お前は」

「何もできないおかげで」

「『速い球が投げられる』という
 そのたったひとつの宝を
 ばかみたいに磨き続けてきたじゃないか」


「そんなお前の宝が」

「ほかのヤツより輝かないわけがない」


(南田)












「野球に限らずすべての勝負の基本はね――」


「敵の嫌がることをやる…ってことさ」


(ビッグママ)



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック