名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
夜桜四重奏 ヨザクラカルテット 名言集
2009年09月09日 (水) | 編集 |

夜桜四重奏 ヨザクラカルテット 名言

作品オススメ度…A


「女の子一人のわがままも聞いてやれない程」

「事務所もこの町も小さかないぞ」


(比泉秋名)






「俺はな
 この町の妖怪みんなと別れたくないんだ」

「誰ともな!」

「これは俺のワガママだ!!」


(比泉秋名)







「人との関わり合いの積み重ねによってこそ相対的に「生きた証」が形作られる」


(岸恭助)









「ごめん!」

「あたし女の子が好きだから!!」

大好きだから!!


(五十音ことは)








「あたしはほら…」

「麺食いですから!!」


(槍桜ヒメ)







人はね
誰かに守られて初めて誰かを守る事を覚えるの!


(槍桜ヒメ)







「町長が…
 町長が町を守って」

「何が悪い!!」


(槍桜ヒメ)







「あたしの血も肉も!!

「あんたに好きにされるほどぬるかない!!」


(槍桜ヒメ)










「「やれなかった」人を攻める資格があるのは「やれる」人だけ!」


(宝々蘭のかあちゃん)







「人間の身勝手な考えで」

「時に何よりも
 蔑まれ
 疎まれ
 憎まれ
 見放される」

「そいつが神ってもんよ」

「けどな」

「そのあと どうしようも無くなった人間が最後に泣きつくのが
 やっぱり神様だったりするんだよ」

「だから面白いんだよな、人間ってやつは。」


(士夏彦雄飛)








「神様はなんもしねえのに偉そうだから神様なんだよ」


(士夏彦雄飛)








「人? 妖怪? そんなのどちらでもいいの」

「神か」

「否か。」


「神の相手を出来るのは、神だけよ」

(士夏彦八重)





三軒茶屋の 西の西
急行列車は 止まらないけど
のんびり来れば いいじゃない

ツンツンデレツン デレツンツン
ツンツンデレツン デレツンツン

用賀インター 降りてすぐ
お店は九時には 閉まるけど
早寝早起き おおじゃない

ツンツンデレツン デレツンツン
ツンツンデレツン デレツンツン

旧二四六 本通り
ビルの高さは 低いけど
空が広くて いいじゃない

ツンツンデレツン デレツンツン
ツンツンデレツン デレツンツン

ツンツンデレツン デレツンツン
ツンツンデレツン デレツンツン



(桜新町 町歌)











トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック