名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
空の境界 名言集
2008年01月08日 (火) | 編集 |
空の境界 名言

作品オススメ度…∞


-and she side
なにもかもを受け入れるのなら
傷はつかない。
自分に合わない事も。
自分が嫌いな事も。
自分が認められない事も。
反発せずに受け入れてしまえば
傷はつかない。

なにもかもをはねのけるのなら
傷つくしかない。
自分に合ってる事も。
自分が好きな事も。
自分が認められる事も。
同意せずにはねのけてしまえば
傷つくしかない。

ふたつの心はガランドウ
肯定と否定の両端しかないもの。
その中に、なにもないもの。
その中に、私がいるもの。

 
(空の境界)












「学院時代からの決まりでね。
私を痛んだ赤色と呼んだ者は、例外なくブチ殺している」

 
(蒼崎橙子)











「自殺に理由はない。たんに、今日は飛べなかっただけだろう。」
 
(蒼崎橙子)















「君の俯瞰風景がどちらであるかは君自身が決めることだ。だがもし君が罪の意識でどちらかを選ぶなら、それは間違いだぞ。我々は背負った罪によって道を選ぶのではなく、選んだ道で罪を背負うべきだからだ」
 
(蒼崎橙子)
















「生きているのなら―――神様だって殺してみせる」
 
(両儀式)










「あたりまえように生きて、あたりまえように死ぬのね
 ああ、それは―――
 なんて、孤独――― 」

 
(両儀式)











「ああ。人を殺せるのは一度だけだ。そこから先はもう意味のない事になる。
 たった一度きりの死は、大切なものなんだ。
 誰かを殺してそれを使いきった者は、永遠に、自分を殺してあげることができない。
 人間として、死ねないんだ」

 
(両儀式の祖父 )














「式。君を――― 一生、許さない」
 
(黒桐幹也)








トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック