名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
3-days Marriage ~光源氏の恋人~ 名言集
2007年07月17日 (火) | 編集 |
3-days Marriage ~光源氏の恋人~ 名言

作品オススメ度…B


「光源氏の時代には、足繁く女の元に通う男ほど、宮中での出世が早かったと言われています」

「真に誠意ある人間は、恋も仕事もないがしろにしないもの。 それは時が経っても変わっていませんわ」


(須磨明美)










「あなたは周囲に流されることを罪悪のように捉えているのかもしれませんが」

「流される側にも、ある程度の決断が必要です」

「自分の従うべき流れが正しいのか…、理想とする未来へと導いてくれるのか……」

「…それを見極めなければならないのですから」


(須磨明美)









「この世に真の自由な恋愛などなく、全ての恋人達が不自由な中でもがき苦しんでいるのです」

(須磨明美)










「人の恋とは運命のようなものだ」

(上村巧)








「人は夢がなければ生きていけないのも事実だ。
 心が夢で満たされていなければ、いつかは現実に押し潰されてしまう」


(上村巧)











「誰か一人の幸せは、周囲の人間をも幸せにしてくれるものよ?」

(六郷月詠)










「人間という生き物は、何もしなければ千年の時を生きることができるでしょう」

「SF小説や映画の中に出てくる冷凍睡眠の技術は、すでに現実のものになっているのですから」

「…しかし、そのようにして得た生にどのような意味があるのですか?」

「凍り付けにされて辿り着いた未来に、私の生きる場所があるとは思えません」

「だから今、この空の下で精一杯生きたいんです」

「それが自分の体への負担となってしまっても…、自分の命が削られることになってしまっても……」

「今を生きることによって、千年後の未来の子供達に何かを残すことができると思いますから」


(皇城桐絵)







トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック