名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
ef -the first tale. 名言集
2007年06月16日 (土) | 編集 |
ef -the first tale. 名言



「妹を泣かせるのは兄貴の特権だ」

(広野紘)











「自分を嫌うなよ。 自分を否定しちゃったら、なんにも始まらねぇよ」

(広野紘)










「自分勝手でもいいだろ。 他人のことばかり思いやってて、自分の幸せ逃がすよりよっぽど人間らしい」

(広野紘)









「なにもしなかったら絶対に上手くいかない、 努力したって報われるとは限らない」

(堤京介)












「好きな女を不幸にしたい男なんていないんだよ」

(堤京介)












「時間は流れてるんだから、立ち止まってなんていられないのよね」

(新藤景)












「やっぱり努力してる人はなにもしてない人を認めませんよ」

(新藤景)













「強ければあきらめられるのよ。 弱いからーーいつまでも引きずってしまうの」

(新藤景)












「極地の果てで生きてるんじ、人はひとりになんてなりません」

「というより、ひとりになんてなれないんです」

「みんな、どこかで繋がってるんですからーー」


(ミズキ)












「過去の出来事を忘却しても、想いまで消えたわけじゃありません」

(雨宮優子)








「どんなに大事にしていても、人はいつか必ずいなくなります。 どれだけ望んでも永遠だけは手に入りませんから」

「大切な人と過ごす時間は楽しくて、もし辛いことがあってもそれでも満たされていて……」

「そして、あまりにも速く、速く過ぎ去っていきます」


(雨宮優子)











「バカだから、前しか見えないんだよ」

優子
「強いんですね」


「そうじゃない。夢を叶えた人間には、責任があるんじゃないか思ってる」

優子
「それは、誰に対してですか?」


「夢を見ていた頃の自分に」


(広野紘&雨宮優子/ef -a tale of memories.)



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック