名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
実は私は 名言集
2015年10月13日 (火) | 編集 |
実は私は 名言

「あーぁ」


「もし余ってたら
 かわいそうだし」

「あたしがもらってやろっかなって
 思ってたんだけどね」



(朱美 みかん)












「…あたしが
 白昼堂々プロポーズしてた高校2年女子ですが」

「何か?」

(朱美 みかん)

















みかん
「…諦めるワケないでしょ」

「最終的にあたしが朝陽の嫁になりゃいいんだから」

岡田
「そりゃそうか」

「ホレた女に
 ホレた男がいるからって
 はいそうですか
 って諦めらんねぇわな」

みかん
「それを言うなら
 「ホレた男に
 ホレた女がいるからって」
 でしょ?」

(朱美 みかん&岡田)












口いっぱいに
広がる異臭
何の歯ごたえもなく
つぶれるその実

そしてその後から
やってくる
甘酸っぱ…
いや酸っぱいな、これ

これはもうなんというか
…うむ!
腐ってるな!!



(紅本 茜)
バーテンダー a Paris 名言集
2015年10月13日 (火) | 編集 |
バーテンダー a Paris 名言


「死んだ人間を待ち続けるのは
 テメーが地獄に行ってからにしろ」

「俺たちは今
 生きている」

「そして
 死んだ奴のために
 明日も生きて行く責任があるんだ」


(警部)







「『諦める』って
 元々は
 『明らかに見る』
 という意味だそうです」

「眼の前の真実をきちんと見る」

「しっかり諦めれば
 後悔も未練もなく
 次に進むことができるから」

(佐々倉 溜)

BUYUDEN 名言集
2015年10月13日 (火) | 編集 |
BUYUDEN 名言

「別にケンカなんか強くなくてもええねん。」

「腕に自信のあるもんが、暴力に暴力で抵抗するのは普通やねん。」

「腕に自信はなくても、
 誰かのことを思って動ける人の方がずっと素敵やん。」

「そりゃ、リスクを考えたら
 賢くないし
 無謀なアホかもしれんけど…」

「そんなアホの方がうちは好きやな。」


(要萌花)



















「アホか!」

「イジメかなんか知らんけど
 連中の命令に従ったのは
 あんたの意思やん!
 逆らえんのが
 あんたの意思やろ!」



(要萌花)





















「残酷?
 そうよ、ボクシングは残酷なんだ。」

「あいつがその残酷に勝てるタイプか――
 そしてこれから先、
 ずっとボクシングを続けられるやつなのか
 ……この2分で試される!!」

(スタージム会長)





















父親
「私には中3の息子がいてね―――」

「ずっと手のかからない
 いい子だったのに―――」

「反抗期だか
 なんだか…
 急に親の望む進路と違う道を進みたいとか言いやがって………」

「ボクシングなんて、そんなにいいいもんかね。」

武勇
「ええ―――」

「いいですよ
 …ほんとに。」

父親
「そうですか……」

「なら帰って息子に伝えてやりますよ。」

「もう中学生が路上でバイトなんかするな――――」

「それが一人息子の夢なら学費ぐらい出してやるよ、
 このバカヤロウ―――ってね。」


(武勇&武勇の父親)









「なんで?
 裸拳で頭殴ったら
 拳痛めんだろ。」

「俺もプロを目指してんだ、
 こんなとこで本気出すほど安い拳じゃねーんだよ!」

「てめーもボクサーならリングで吠えろや。」


(武勇)
















「必ずここに戻って来ると思ってた…
 おかえり、萌花。」


(武勇)















「変わらねーよ。」

「何年経とうが
 何歳になろうが
 俺は変わんねえ。」

「俺にとって、
 最強の師匠で
 憧れのボクサーは要萌花さ。」

「それでいいだろ?」

(武勇)
七夕の国 名言集
2015年10月13日 (火) | 編集 |
七夕の国 名言



「みんな……みんな
 この世の広さをわかってない!」

「広すぎて
 広すぎて!
 そうじすんのだって大変なんだぞ!!」

「え~~~~い
 何言ってんだ!
 おれは!!」

「世界中のことテレビで
 ざっと見て、わかった気になったって!」

「そんなのウソだぜ!!」

「世の中……誰も
 気づかない、ほんの
 小さな場所にだって、」

「いろんな人の思いや、
 知恵や……失敗や、
 やり直しがつまってるんだ。」

「世界は目で見えてる大きさの百倍も千倍も広いんだぜ!」

「それに比べりゃ
 コワイ夢も、見えない鎖も、
 ハデな超能力も小せえよ!
 ごくごく一部だよ!」

「そんなもんに
 命なんかあずけられっか!!」

「おれのゆってっることが正しい!!」

(南丸洋二)
メテオさんストライクです! 名言集
2015年10月13日 (火) | 編集 |
メテオさんストライクです! 名言

「愛だ」

「お前の愛が
 地球を救う」


(山田メテオ)













メテオ
「まだわからんのか!
 小林ヒロの・・・・いや
 男子生徒全員の――」


「“パンツ愛”が!!」

ヒロ
「そう!
 男なら誰しも
 たとえどんな絶望的な状況におちいろうと」

パンチラのためなら
 不屈の魂で立ち上がれる・・・・」

「それを――」

「“愛”と言わず
 何を“愛”と言う!!」


(山田メテオ&小林ヒロ)










「愛とは罪を受け入れ
 許し 許されるもの」

「そして 二度と忘れぬよう
 魂に刻め」 


「愛する者を守る者こそ」

「真のヒーローだということを!!」


(中略)

「私は生まれた時から戦い続けてきた」

「長い間 それこそ
 何万年という時を」


「戦って戦って戦った」

「だが いつからか
 戦いの後は
 虚しさだけが残り」

「なぜ戦うのか
 わからなくなっていた」

「そして また長い時が過ぎ
 その虚しさに
 心が食われそうになった
 あの日――」

「小林ヒロに出会い・・・・」

を知った」

「力などなくても
 愛する者を守るためなら」

「誰もがヒーローになれることを知ったのだ」

「だから私は守りたい」

「それを教えてくれた地球人を・・・・
 小林ヒローを・・・・」

「こんなにも
 愛しているのだから」


(山田メテオ)
さらい屋五葉 名言集
2015年10月12日 (月) | 編集 |
さらい屋五葉 名言

秋津政之助
「そういう風に笑いたいものでござる」

弥一
「笑おうとすりゃ
 いくらでも
 笑えるもんだぜ?」


(秋津政之助&弥一)
鬼灯の冷徹 名言集
2015年10月12日 (月) | 編集 |
鬼灯の冷徹 名言

作品オススメ度…A



「とりあえず今んとこ
 独身でティンカーベルだから
 れっきとした「魔法使い」には属するよ」


(マジカル・マリン)











(ス●ールライトがどこで売ってますか?と聞かれて)

「えーとスイマセン当店ではまだ……」

「仮にあったとしても
 ス●ールライトが家電に入るかわかりませんので当店で扱うかどうか……
 OA機器でもないですし
 ホームセンターか 意外とコンビニとか…」

「ス●ールライトが電池式だとすると
 中の電池は確実に当店で扱うことになると思いますが~」

「ただ個人的には
 ス●ールライトができた暁には
 パ○ソニックさんあたりが小型化し
 物凄い品数を揃えて女性にも
 ウケそうなの作ってくれそうと密かに思っております~~」


(電気屋の店員)













奪衣婆
「世間じゃ幼女幼女と
 もてはやされてるがね」

「幼女と老女なんて
 一字違いなんだよ」

鬼灯
「その一字の差が
 デッド オア アライブ」


(鬼灯&奪衣婆)

MAJOR 2nd 名言集
2015年10月06日 (火) | 編集 |
MAJOR 2nd 名言

「恥をかくのは悪いことじゃないよ。」

「悪いのは、
 恥を恐れて
 好奇心を失くしてしまうことさ。」



(佐藤光)
信長協奏曲 名言集
2015年10月06日 (火) | 編集 |
信長協奏曲 名言

作品オススメ度…A



「泣くなっ!!!」

「泣いてもなんにもならぬわっ!!」

「自分の力で立ち上がれっ!!」


(お市)











「――市が、」

「この世で一番好きな男だからです!」

(お市)








「――その身に、
 織田と浅井の血が流れていることを、」

「誇りに思って生きよ――――」

(お市)






「―――殿……!!」

「殿に仕えたことこそ……」

「それがし最大の手柄にござる…!」

「我が息子どもが…」

「殿の天下とりのお力になれることを……」

「願っておりまする……!!」



(森可成)










「申し訳ござりませぬ。」

「――いいえ。」

「あなたさまをこの俗世に引っ張り出してしまったことを、」

「詫びておりまする。」

「――義昭さまが悪いのではありませぬ。」

「時代が――
 世が泰平ならば、」

「将軍となられたお方には華やかな生涯が待っておるのやもしれませぬ…
 ――しかし…」

「今は乱世――」

「――乱世は、
 力のない者を権力者として据えることを、」

「許してはくれませぬ――」

「――どうぞ公方さま、」

「欲をお捨てください。」

「器のない者が権力を欲する姿は、」

「ただただ醜いばかりにござります。」

「――室町幕府初代将軍、足利尊氏公は、」

「およそ150年続いた鎌倉幕府を滅ぼし、
 征夷大将軍となられました。」

「権威とはいずれ滅びるものにござります。」

「――幕を
 お引きください、
 公方さま――…」

(細川藤孝)









「好きに生きろ、」

「おゆき」

「好きな場所で、」

「好きな奴の傍で、」

「好きに生きろ。」

「命を懸けるものが見つかったのなら、
 そんなに幸せなことはない――…」

(うの)








「――戦国に生きたなら
 戦国に散る――」

「それが俺たちの宿命ってもんだろが――」




(松永久秀)