名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
朝霧の巫女 名言集
2015年07月30日 (木) | 編集 |
朝霧の巫女 名言

「痛むのは良心か?
 誰の痛みだ?」

「その痛みは本物か?」

「これはお前の代償だ」

「それを払わせてやる」

「だから従った」

「捕らえたのは

 私の方だ」

(こま)














「どうしても
 自分のものにならないのなら」

「鬼はおまえを
 母親からとりあげて
 骨まで食べてしまう」

「わたしは自分の正体がわかっている」

「この執着は
 我が身そのもの
 わたしだけのもの」

「誰にも渡さない」

「忠尋
 おまえにもだ」

「この執着を
 抱いたまま
 わたしは発つ」

「泣くな 忠尋」

「見ろ」

「わたしの心は」

「こんなにも晴れている」


(こま)












「大きな言葉で
 語られる大義や
 心優しい慰めは」

「心を鈍感に
 怠惰にさせる」

「今本当に手を差し伸べるべき
 小さな声をかき消してしまう」



(天津忠尋)














「…彦根神
 おまえの言うことは分かってたよ」

「でも」

「分かってても
 自分では断ち切れない
 臍の緒のような」

「執着の依存は
 たぶん誰もが隠し持つ」

「肝心なところで
 独りの人間は
 ひっぱられて
 転んでしまう」

「そういう腫瘍を
 無遠慮にぶった切る為の
 誰かが必要なんだろうな」

「僕の未練が
 あなたを縛りただれさせ
 そんな姿にしてしまった」

「――あなたの本当の
 執着の緒はどこに
 繋がっているのだろう」

「僕は 今度こそ」

「あなたにさよならを言わないといけないんだ」


(天津忠尋)
アイシールド21 名言集
2015年07月30日 (木) | 編集 |
アイシールド21 名言


「誰が敵をねじ伏せろったよ」

「テメーの腕力なんざ誰も期待しちゃいねーよ」

「フィールドをねじ伏せろ!!」


(蛭魔妖一)














「勝つためにやってんだ」

「勝つ気ねえ
 ガンバリなんざ
 何の意味もねェ」

(蛭魔妖一)


















「一回だけだ」

「何十回も突っこんだうちの
 しょせん一回だけだが…」

「てめーの勝ちだ」


(蛭魔妖一)


















「すいません!」

「俺
 野球選手にはなれませんでした」

「でも今は
 初めて」

「俺のこと
 チームに欲しいって
 言ってくれる奴等がいるんス」

「俺……」

「そっちで頑張りてえ!」


(雷門太郎)













「男は悔しい時以外は
 泣いちゃいけねえんだ」



(雷門太郎)





















「基礎を
 手ェ抜いたら
 すぐ
 ダメになる」

(中略)

「最後まで倒れねぇで立ってられんのは
 基礎からしっかり造ったヤツだけだ!」


(武蔵厳)









「男が人の為に
 血ぃ流してる時は」

「見殺しにすんのが情けだ」



(武蔵厳)









「一番 セナの邪魔してたのは私だ」

「勝手だなぁ
 私」

「ホントに」

「勝手…」



(姉崎まもり)
















「…そうか」

「そうだったんだ」

「アハーハー
 やっと分かったよ」

「どっかで思いたかっただけなんだ」

「自分はきっと何か特別な人なんだって」

「でも」

「神様に愛された男なんかじゃなかった
 ボクはただの人だ」


「なら」

「ボクは…」

「自分の力で」

「神様に打ち勝ってやる!!」



(瀧夏彦)












「引き分けなんて
 妹にキスするようなもんだぜ」


(バッド・ウォーカー)






「勝者は誰もいない」


「だが
 勝負の世界にはな
 挫折した奴だけが強くなる」

「今年は まだ
 始まったばかりだ!」


(庄司軍平)


























※フィールドでプレーする誰もが
必ず一度や二度
屈辱を
味わわされるだろう

打ちのめされたことがない
選手など存在しない

ただ一流の選手は
あらゆる努力を払い
速やかに立ち上がろうとする

並みの選手は少しばかり
立ち上がるのが遅い

そして敗者は
いつまでもグラウンドに
横たわったままである

テキサス大フットボールコーチ

ダレル・ロイヤル


(アイシールド21)