名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
わ! 名言集
2009年11月27日 (金) | 編集 |
わ! 名言

作品オススメ度…A


(好きな人が買ったゲームをプレイして)

「…この恋は命がけよ…」


(菊川勇魚)





まなびや 名言集
2009年11月27日 (金) | 編集 |
まなびや 名言

作品オススメ度…B


「「いいな」って思ったから
 撮ったんだと思う」

「他の人がどういう動機で写真を撮るのかはわからないけど…」

「俺は「いいな」って思ったら
 それを撮るんだ」

「だから俺の携帯には俺が「いい」と思ったものがいっぱい入ってる」

「宝箱なんだ」


(槙嶋武)






「…ああ
 わからんね!」

「わかるもんか!!」

「俺達はエスパーじゃないんだ!」

「キミが何を考えているのかなんてわかるもんか!!」

「…だから…」

「…だから話せよ」

「俺達に教えてくれ」

「キミが何を考え」

「何を感じているのかを」

「そうすればきっとわかりあえる」

「そのために言葉はあるはずだ!」


(槙嶋武)





「うん
 簡単じゃない」

「けど」

「不可能でもない」

「役を演じるつもりになれば上辺の性格を変えることはできる」

「金髪が嫌なら染めればいい
 蒼い眼が嫌いならコンタクトにすればいい」

「完全に変えることはできなくても」

「今の自分より望む自分に近づくことはできるはずだ」

「それだって十分「変わる」ってことだと」

「俺は思う」


(槙嶋武)









「私は面倒事が大嫌いだ!」

「面倒臭いことをやらなきゃならんくらいなら…」

「死を選ぶ!」

「…私に面倒をかける奴の――」

「死を選ぶ!」


(千両千尋)







「若者は青春を謳歌すべきだよねぇ」

「せいしゅんを満喫できるのは」

「無知が故―――」

「若者の特権だ」

「何にも気づかず」

「何も知らずにいることこそが」

「一番の幸福なんだ」


(謎の男)




おおかみかくし 名言集
2009年11月27日 (金) | 編集 |
おおかみかくし 名言

作品オススメ度…A


「…………摘花さん、貴方は、やはり果報者だった。そして九澄くん……貴方は、彼女に相応しい素晴らしい人だった……今日という日の、夜月の下で起こった刹那の出来事を、私は忘れない」

(櫛名田眠)




乙男 名言集
2009年11月23日 (月) | 編集 |
乙男 名言

作品オススメ度…C


「ずっとおれのママでいて―――!」

(ゲンちゃん)










「完璧な人間なんていないさ………」

「誰も皆 心の奥に…
 捨てたくても捨てられない何かを秘めているんじゃないのか」

「捨てられないだろう」

「本当に好きなものは―――」


(正宗飛鳥)




トリコ 名言集
2009年11月23日 (月) | 編集 |
トリコ 名言

作品オススメ度…B


「「思い立ったが吉日」ならその日以降は全て凶日

「夢があるのならすぐ行動するべしだ」


(トリコ)







西洋骨董洋菓子店 名言集
2009年11月23日 (月) | 編集 |
西洋骨董洋菓子店 名言

作品オススメ度…A


「んもお
 しょーがねーな産んでやろう!!」


(浪子)











「俺がもしお前と寝るっつたら
 お前うちの店にいてくれる!?」


(橘圭一郎)








フルーツバスケット 名言集
2009年11月10日 (火) | 編集 |
フルーツバスケット 名言集

作品オススメ度…A


「でも疑うよりは信じなさいってお母さんが言っていました」

「人は良心を持って生まれてこないんだよって」

「生まれながらに持ってるのは食欲とか物欲とかそういう欲だけなんですって」

「つまり生きる本能ですよね」

「良心は体が成長するのと同じで
 自分の中で育てていく心なんだ…って」

「だから人によって良心の形は違うんだ……って」

「丸だったりトンガリだったり
 色ンな形の良心があるのかと思うとワクワクしました」

(本田透)










「例えば人の素敵というものが
 オニギリの梅ぼしのようなものだとしたら
 その梅ぼしは背中についているのかもしれません…っ」

「世界中誰の背中にも
 色々な形色々な色や味の梅ぼしがついていて
 でも背中についているせいで
 せっかくの梅ぼしがみえないのかもしれません」

背中にはちゃんと梅ぼしがついているのに

「……誰かを」

「羨ましいと思うのは
 他人の梅ぼしならよく見えるからなのかもしれませんね」


(本田透)












「「好き」なら」

「何を言っても許されるなんて思ってはいけない…」

「「好き」なら何をしても許されるなんて思っているなら反省した方がいい…」

「一方的に…
 高まった愛情をぶつけると
 相手の重荷になったり傷つけてしまう時もあるのだという事を忘れてはいけない…」

「相手の気持ちを尊重し思い遣る心を忘れてはいけない…」

「でないと
 終いには嫌われてしまうよ」


(花島恵)













「……痛い目みて」

「迷惑かけないとわからない気持ちだってあるさ」

「人生の底まで墜ちて初めてわかる気持ちだってあるさ」

「キレイなモノに反発して
 でもドロドロになって初めて
 キレイなモノが恋しくなったりもするさ」

「痛みには優しさが必要で」

「暗闇が目立つにはお陽さまが必要で」

「どっちもバカにできない」

「どっちもムダなモノじゃない」

「だからつまずいて間違っても
 それはムダじゃないさ」

「ムダにするもんかって思ってれば
 きっと自分を育てる肥やしになるさ」

「……これ」

「ワタクシ論」


(本田今日子)





君に届け 名言集
2009年11月08日 (日) | 編集 |
君に届け 名言

作品オススメ度…A


「人のせいにしたって解決なんかできねーんだ
 おまえ自分でなんか どーにかしたか?」

「この先理不尽なこともいっぱいあるだろーけどよ
 結局おまえが 自分でなんとかするしかするしかねーんだよ」


(荒井一市)




黒執事 名言集
2009年11月03日 (火) | 編集 |
黒執事 名言

作品オススメ度…B


「丼とは古来日本から労働者をねぎらうごちそうとして用いられてきたものなのです」

「一仕事終えた功労者に感謝とねぎらいの意を込めてふるまわれた料理…」

「それが丼という食べ物なのです!!」


(セバスチャン・ミカエリス)










「人間は誘惑に弱い」

「地獄の様な絶望の淵に立たされた時
 目の前にそこから脱却できる蜘蛛の糸が現れたら必ず縋ってしまう…」

「どんな人間でもね」


(セバスチャン・ミカエリス)


バカボンド 名言集
2009年11月02日 (月) | 編集 |
バカボンド 名言

作品オススメ度…A


「虎は虎として生き」

「虎として死ねばいい」


(伊藤一刀斎)















鷲のように飛べたら

蟻が一歩一歩歩いていることなど見えやしないだろう

でも歩いているんだ

蟻は歩いているんだっ

一歩一歩
喜びをかみしめながらっ――――

(吉岡伝七郎)
















「剣にすら愛されぬのか」

(祇園藤次)
















「負け犬は負けを抱えて……」

「それでも生きていくんだ
小 前へ進まなくちゃならねぇんだよっ……!!」

(本位田又八)













「ほかに行くところはないのです」

「人として生きたいのです」

「私が人として生きる術は」

「剣のほかにないのです」


(植田良平)