名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
マリア様がみてる 名言集
2007年04月21日 (土) | 編集 |
マリア様がみてる 名言

「ノーマルを守るのよ。
 アブノーマルに引き入れられたらだめよ」


 (福沢祐巳/マリア様がみてる)
#弟に言う発言か?(笑)






「ええ、だって」

「私は、いくらでも由乃さまとデートできますもん」


 (島津由乃/マリア様がみてる)
#いいなぁ~






「一粒で二度おいしいスール、ありがとう 合掌。」

 (佐藤聖/マリア様がみてる)
#たしかに(笑)






「出会いと別れはセットでしょ?
 いずれ別れが来るから、なんて。
 それを恐れて関わりをもたないなんて、
 味気なくない?」


 (佐藤聖/マリア様がみてる)
#人は出会い、別れていくもの






「私は世界中の人たちにわかってもらわなくていいの。

 大切な人にさえ、わかってもらえれば。
 わかる?」


 (佐藤聖/マリア様がみてる)
#よく分かるよ






「友達なんて、そういう損な役回りを引き受けるためにいるようなものよ。」

 (水野蓉子/マリア様がみてる)
#頼れる友人がいることは素晴らしいことです






真・無責任提督タイラー 名言集
2007年04月21日 (土) | 編集 |
真・無責任提督タイラー 名言

マコト
「ジャスティ・ウエキ・タイラー提督……。 あなたは女性の扱いにかけては、宇宙一罪作りな男です」

ジャスティ
「そうだね」

ジャスティ
「女性の扱いに関して、宇宙一不器用な男に言われチッたよ」


(ジャスティ・ウエキ・タイラー&マコト・ヤマモト)









彼女たちの流儀 名言集
2007年04月18日 (水) | 編集 |
彼女たちの流儀 名言

「うん、そうだね。 これからの事なんて、ぜんぜんわかんない」

「不安だよ。 自信もない。 なのに逃げる自分は許せない」

「不器用だよね。 でもーーわたしは、そんな自分が結構好きだから」

「・・・・・・・・・・・・」

「だから勝負するよ」

「ーーわたし、絶対負けないんだから!」


(千佐都)









平井骸惚此中ニ有リ 名言集
2007年04月14日 (土) | 編集 |
平井骸惚此中ニ有リ 名言


「動機と言うものは、犯人のために存在してるんじゃないもさ。 どうきはすべからく、事件とは一切関係ない人間のためにあるのさ。 一般の人々は金銭欲、怨恨……そう言ったものはなければ、人は殺人など犯さないと安心したいのだ。 殺人事件などと言うものは、被害者、加害者、どちらの側としても、自分には関係ないものだと思いたいのさ。 だから人は殺人に動機を求める。 それこそ執拗なほどにね。 --警察は市民のために犯人の動機を捜し、探偵作家は読者のために犯人に動機を与える。 首尾一貫、立派なものさ」
(平井骸惚)









骸惚
「《唯一無二の真実》なんてものは、たぶんこの世には存在しないよ。 あるとすれば、それは《事実》だろう。 起きてしまった出来事は単一だが、それを各個人がどう理解し、どう納得するかはまったく異なる場合だってある。 例えば、僕がここで尤もらしい推理をしたら、君らはそれを《真実》だと思い、納得するだろう。 だが、それが《真実》に即しているとは限らない。 それでも、僕がそう信じているのだから、君を騙しているのじゃあないし、君も騙されているわけじゃあない」

太一
「そりゃァそうかもしれませんが……」

骸惚
「……いいかい、河上君。 探偵の言うことは《真実》だが、《事実》だとは限らないんだ。 探偵は自分が納得できてしまえばそれでいいのだからね。 それこそが、僕が《素人探偵が犯罪捜査をしてはいけない》と言う理由なんだ」

骸惚
「探偵小説では、探偵は《事実》を言い当てるわけだが、現実ではそうはいかない。 捜査をする側の《真実》が罷り通ってしまう。 だからこそ、冤罪がなくならないんだ」


(平井骸惚&河上太一)









「犯罪者というのは、文字通り《罪を犯した者》です。 犯した罪が消えることなンてない。 けれど、罪を償うことなら出来るでしょう。 しかし、罪を償う方法なンぞ、なかなか分かることじゃァない。 ……いや、実際には本当に罪を償うことなンてできないのかもしれない。 そんな思いをしていかなければいけない犯罪者と言うのは、相当に辛いのではないでしょうか? それでも、然るべき法に従って捌きを受ければ、多少なりとも罪を償ったような気がするものじゃァありませんか? 刑に服することによって、犯罪者は《罪を犯した者》から、ただの《者》に戻れる。 ……そんな気がするンです」

(河上太一)








Level Justice 名言集
2007年04月08日 (日) | 編集 |
Level Justice 名言


「通勤は地獄だ!
特にラッシュ時の通勤は地獄の中の地獄!
デス&デス!
希望の無い戦場!」


(千夜)








Really? Really! 名言集
2007年04月03日 (火) | 編集 |
Really? Really! 名言

SHUFFLE! 名言集はこちら

「私の胸が大きいと人類失格なのですかーっ!」

(麻弓=タイム)






亜沙
「一分一秒でも早く、ボクを追いかけてきてくれた可愛い後輩に会いたいって思う乙女心。 伝わった?」


「一分一秒でも早く俺の人生を終らせたいと思う漢心でしたら、痛みと一緒に心に刻まれましたよ‥‥」


(土見稟&時雨亜沙)




「芽生える殺意に悪意も善意もいらんっ!!」

(土見稟)





「幸せと辛いは、まさに線一本分の違いしかないんだぞ‥‥」

(土見稟)







「楓、そこら辺にバッド落ちてないか。 出来れば釘バッドが望ましい」


「はい、どうぞ」


「あるんかいっ!!」


「稟くんの望むものですから♪」


(土見稟&楓)





「他の誰が一緒でも構いません。 その場所に誰がいても構いません」

「だけどそれでも、私は稟くんと一緒です」

「稟くんが望んでくれる限り、永遠に一緒にいます♪」


(楓)