FC2ブログ
名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
娘じゃなくて私が好きなの!? 名言集
2020年07月26日 (日) | 編集 |
娘じゃなくて私が好きなの!? 名言

『人はね、年を取るほど転ぶことが怖くなるんだよ』

『歌枕くんが姪っ子を育てる決断ができたのも、きみが「若かった」からなんだろうね。 でも今のきみは違う。もうきみは、年を取ってしまった。十年という歳月の中で、 失ったら困るものがたくさんできてしまった』

『ヒーローの条件は孤独、なんてよく言われる言い回しだけどね。そりゃそうだよ。人は 家族がいたらヒーローにはなれない。大衆よりも家族を優先するようじゃヒーロー失格だ し、逆に家族を蔑 ろにするようでもヒーロー失格。どう転んだところで、家族を持った者 はヒーローではいられないのさ』

『着の身着のまま、誰に気遣うこともなく自由に行動できた十年前とは、だいぶ勝手が違 うようだね、歌枕くん。今のきみには――美羽ちゃんという家族がいる。この十年で積み 上げてきた家庭があり、日々の生活がある。地域やご近所との繋がりだってあるだろうし、仕事にしても新人だった十年前とは立場や責任が全然違う。そんな環境が、失ったら 困る多くのものが――きみに「常識」という言葉を使わせるんだろう。「常識」は、大人 が大好きな言葉の一つだから』

『ようこそ歌枕くん。クッソつまんねえ大人の世界へ』


(狼森夢美)
魔王様、リトライ! 名言集
2020年07月26日 (日) | 編集 |
魔王様、リトライ! 名言

「第一
 国の頂点に
 立つような存在とは」

「清濁を併せ持つ
 器量を持った人間のことを指す」

「お前のように
 何でも白黒つけていては
 一歩も進まんぞ?」


(九内伯斗(大野晶) /漫画版)











《......ハッ、私の頭におじ様の声が。これが結婚?》


(ユキカゼ/Mノベルス版)









「アーツ、あんた知らなかったの?」

「私は我侭なの。皇国のことなんて知ったことじゃないわ」

「ふぅん。なら、あんたは友を見捨てて生きていくと良いわ。私は我侭だから、もう自分 の好きなものは何一つ手放さないって決めたの」


(ルナ・エレガント/Mノベルス版)

魔法少女は死亡する 名言集
2020年02月08日 (土) | 編集 |
魔法少女は死亡する 名言

七生
「…でも
 お蔭で
 解りました」

「魔法少女に必要なのは」

「魔法のステッキ
 なんかじゃない
 って事が」

「私は
 魔法少女ではないから」

「…いえ」

「もしも 魔法の使える
 世界だったとして」

「私はこの
 二本の脚と
 古びたチャリで
 離婚届を出しに行く」

「それで世界は
 変わる」

「だって
 意志は 時に
 魔法より強い」

「どこまでも
 行ける」

「私が」

「私の
 意志で」

「解放して」

「新しい
 ものになる」

「…魔法少女も
 いつかは
 死ぬんです」

「望むもの
 全てが
 叶うことなく」

「だからといって
 望み全てが
 叶わない訳じゃなく」

「ただ愚直に
 足掻いて
 もがいて」

「ほんの少しの
 前進を続けて」

「そうして
 一生を終える」

「…それで
 いいと思います」

柊司
「…いいね」

「決まったね
 「魔法少女は死亡する」!」

「魔法少女だけど」

「それでも
 魔法になるべく
 頼ることなく」

「あくまで自分の
 知恵と勇気で
 生き抜くんだ」

「不条理を
 乗り越えて」

「自分の意志で
 選択して
 前へ進む!」

「…そんな
 “魔法少女”が
 いてもいいでしょ」
 

(杉並七生&中野柊司)
勇者パーティーにかわいい子がいたので、告白してみた。 名言集
2019年08月31日 (土) | 編集 |
勇者パーティーにかわいい子がいたので、告白してみた。 名言


ヨウキ
「レイヴン、俺はセシリアに何回も怒られ、冷めた目線を送られているから大丈夫だ」

レイヴン
「……それで恋愛の方は大丈夫なのか?」


(ヨウキ&ヨウキ/モンスター文庫版)
ミステリと言う勿れ 名言集
2019年08月31日 (土) | 編集 |
ミステリと言う勿れ 名言


「子供って」

「乾く前のセメントみたいなんですって」

「落としたものの形が」

「そのまま
 跡になって」

「残るんですよ」

「児童心理学者の言葉ですけど」


(久能 整)