FC2ブログ
名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
羽林、乱世を翔る(異伝 淡海乃海 水面が揺れる時) 名言集
2020年07月26日 (日) | 編集 |
羽林、乱世を翔る(異伝 淡海乃海 水面が揺れる時) 名言


「......人は現実を見るのでは有りませぬ。見たい と思う現実を見るのでおじゃります」

「例えば、ここに一輪の花がおじゃります。これ を美しいと見るか、一輪しかなく寂しいと見るかは その人次第。麿がどれほど厳しい事を言っても本人 がその厳しさから眼を背ければ意味はおじゃりますまい」


(飛鳥井基綱)
淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~ 名言集
2019年11月24日 (日) | 編集 |
淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~ 名言


「されば、死生命無く、死中生有り」

「人の一生に定め等というものは有りませぬ。されば絶望的な状況に陥っても必死に活路を見出す努力をする事が肝要。そこから活路が生まれまする」

「切り結ぶ 太刀の下こそ 地獄なれ、踏み込みゆけば あとは極楽」

「太刀にて相対し命を奪い合う時は僅かな隙が死に繋がりまする。その恐怖はまさに地獄そのもの。なれどその恐怖を乗り越え相手に近付けば目の前には相手の身体が有る。太刀振るえば相手に届きまする。恐怖を感じる暇も無し、即ち極楽」


(朽木基綱/TOブックス版)












「御爺の心配は分かる。だが、それでも朽木は足利を離れるべきだと思う。足利と一緒なら安全かもしれぬ。しかしそれでは朽木の名は足利の名に押しつぶされてしまうだろう。朽木が朽木であるためには離れるべきだ」

「分かるだろう、御爺。足利は過去を振り返るだけだ。過去の遺産で食い繋いでいると言って良い。だが我らは乱世を生きなければならん。過去を振り返る余裕は無い」


(朽木基綱/TOブックス版)
















「死生命無く死中生有り。およそこの世に宿命など無し。ただひたすらに死物狂いで戦う先にこそ生が有る。死を恐れすに踏み越えよ。踏み越えたその先に信玄の首が有る」


(上杉左近衛権少将輝虎/TOブックス版)












秀治
「そなたには感謝している。そなたは儂の我儘を許してくれた。その御蔭で儂は人として生き、人として死ぬ事が出来る。自らを木偶の坊とせずに済んだ」

宗長
「……」

秀治
「だがそなたはそれで良かったのか?」

宗長
「主の命を奪うのが主殺しなら主の心を殺すのも主殺しにございます。某に主殺しは出来ませぬ」

秀治
「そなたは優し過ぎる。愚かな主君に優し過ぎる家臣、波多野が滅ぶのも道理よな」


(波多野左衛門大夫秀治&波多野美作守宗長/TOブックス版)
異世界料理道 名言集
2019年09月01日 (日) | 編集 |
異世界料理道 名言


「きっと、俺にはお前みたいに生きることはできないし、お前も俺みたいに生きることはできないんだろう」

「だったら、おたがいに足りない部分を補い合っていきていくことができればいいだろ? ……お前とそうすることができれば、俺は何より嬉しいよ」


(津留見明日太)
今まで一度も女扱いされたことがない女騎士を女扱いする漫画 名言集
2019年08月31日 (土) | 編集 |
今まで一度も女扱いされたことがない女騎士を女扱いする漫画 名言

「確かにお兄ちゃんは
 昔から筋肉質な女の人を
 眺めるのが趣味でしたが!」

「そこに目をつむれば
 とても素敵なお兄ちゃんなんです!」


(アンリ・デント )
異世界最強は大家さんでした 名言集
2018年07月23日 (月) | 編集 |
異世界最強は大家さんでした 名言


「世界が君の存在を許さないというのなら、きっと許されないのは世界のほうだ。」


(井川勇諸/アース・スターノベル版)