名言(迷言)だと思った言葉をどんどん増やしていきます。 
異世界最強は大家さんでした 名言集
2018年07月23日 (月) | 編集 |
異世界最強は大家さんでした 名言


「世界が君の存在を許さないというのなら、きっと許されないのは世界のほうだ。」


(井川勇諸/アース・スターノベル版)
おっさんがびじょ。 名言集
2018年07月23日 (月) | 編集 |
おっさんがびじょ。 名言

イサト
「ああいうのは非日常の一瞬、ネタとして着るのは愉しいが長時間の着用には向いてない――…というか25過ぎたのでさすがに生足でミニスカ穿く勇気はない」

秋良
「着よう?」

イサト
「私自身は別に脚ぐらいいくら見せても良いとは思ってるんだ。ただ、美しい女性の脚に対して世の男性陣が並々ならぬ関心を寄せていることも知っているわけでだな」

秋良
「着よう?」

イサト
「つまり美しい脚には見る価値がある、という概念がこの世にはある一定存在していて、いくら私が無頓着であったとしてもその概念を知った上で足を晒すということは、自らの脚に鑑賞するだけの価値があるという自負の表れとして世間的には受け止められるわけで」

秋良
「着よう?」

イサト
「私は自分の脚について特になんらかの感慨を抱いているわけではないので晒すのは構わないが、逆に何も特別に思っているわけではないので自分のスタイルに自信がありますという態で見られるのは避けたいわけで」

秋良
「着よう?」

イサト
「そもそも、アレはもともとアルティに着せて辱めようと思って用意してたんであってだな」

秋良
「着よう?」

イサト
「絶妙な角度でパンチラスクショを撮ってやろうと思っていてだな」

秋良
「着よう?」

イサト
「そのために縞パンのレシピまで手に入れた私に隙はない」

秋良
「着よう?」

イサト
「――…そろそろぐーで殴んぞ」



(遠野秋良&イサト/アース・スターノベル版)
ありふれた職業で世界最強 名言集
2018年06月02日 (土) | 編集 |
ありふれた職業で世界最強 名言


「この世の問題の九割は、暴力で解決できる」


(カム・ハウリア/オーバーラップ版)













「生きたいと願うことのなにが悪い? 生き残ったことを喜んでなにが悪い? その願いも感情も、当然にして自然にして必然だ。お前は人間として、極めて正しい」

「それでも、死んだ奴らのことが気になるなら……生き続けろ。それから先も足掻いて足掻いて死ぬ気で生き続けろ。そうすりゃ、いつかは……今日、生き残った意味があったって、そう思える日が来るだろう」


(南雲 ハジメ/オーバーラップ版)

















「犯罪者を見たらアクセルを踏め……教習所で習うことだろ?」

(南雲 ハジメ/オーバーラップ版)




















「人のせいにするな。お前が堕ちたのはお前のせいだ。日本でも、こっちでも、お前は常に敗者だった。“誰かに”じゃない。“自分に”だ。他者への不満と非難ばかりで、自分で何かを背負うことがない。……お前は、生粋の負け犬だ」

(南雲 ハジメ/オーバーラップ版)












「……“力があるなら”か。そんなだから、いつもお前は肝心なところで地面に這いつくばることになるんだよ。……俺はな、力はいつだって明確な意思のもとに振るわれるべきだと考えてる。力があるから何かを為すんじゃない。何かを為したいから力を求め、使うんだ。“力があるから”意思に関係なくやらなきゃならないって言うんなら、それはもうきっと、ただの“呪い”だろう。お前は、その意思ってのが薄弱すぎるんだよ。……っていうか、お前と俺の行く道について議論する気はないんだ。これ以上食って掛かるなら面倒いからマジでぶっ飛ばすぞ」

(南雲 ハジメ/オーバーラップ版)













「ウッサウサにしてやんよ、ですぅ!」


(シア・ハウリア/オーバーラップ版)
















「覚悟はいいですか? 目の前にいるウサギは……想像を絶するほど強いですよ?」


(シア・ハウリア/オーバーラップ版)











「……自分に課した大切なルールに妥協すれば、人はそれだけ壊れていく。黒竜を殺すことは本当にルールに反しない?」


(ユエ/オーバーラップ版)











「……こうして、森の優しいウサギさんは絶滅したのでした」


(ユエ/オーバーラップ版)




   
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 名言集
2018年06月02日 (土) | 編集 |
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 名言

「諦めるつもりは、無いもん。それなら、頑張るしかないのっ」

(ラティナ)










「私の最大の幸運は、ディルに救われたことなの」

(ラティナ)















「いつか、きっと、俺はお前よりも先に死ぬけど」

「その時まで、ずっと一緒にいよう」


(デイル・レキ)
















「君が生まれた日のことは、今でもはっきりと覚えている。君が生まれた時、空には虹が……大きな美しい虹がかかっていたんだ」

「虹は、神様が地上を見守っているときにかかるんだ。君は……君たちは、神さまに見守られながら生まれてきたんだよ」

「だから、大丈夫。君は幸せになれるはずなんだから。幸せになって良いんだから」

「大丈夫だよ」

「ああ……」

「ほら、虹が出てる。君は運命に護られてる」

「どうか、どうか。幸せに」

「ぼくも、これからは、虹の向こうで見守っているから」


(スマラグディ)











「ぼくの可愛いプラティナが、袖にされることなんてありえないからね」

(スマラグディ)






   
狼と香辛料 名言集
2018年06月02日 (土) | 編集 |
狼と香辛料 名言

「林檎は悪魔の実じゃ。わっちをそそのかす甘い誘惑に満ちておる」

(ホロ)








「賢さとは己を知ること也」

(ホロ)